ビットコイン暴落で大損失を計上した投資ファンドCEOが、未だ「仮想通貨の将来」を確信する理由を語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン暴落で大損失を計上した投資ファンドCEOが、未だ「仮想通貨の将来」を確信する理由を語る
 

ビットコイン暴落で大損失を計上した投資ファンドCEOが、未だ「仮想通貨の将来」を確信する理由を語る

Novogratz氏:仮想通貨の将来を確信する理由
Michael Novogratz氏がCEOを務めるマーチャント・バンク「Galaxy Digital」は、1億3000万ドル(約147億円)以上の含み損を抱え、弱気相場の影響でQ3で大きな損失があった中でも未だに同氏の仮想通貨の未来を確信する強気な姿勢を崩していない。それはなぜか?
ウィンクルボス兄弟:2019年に向けた3つの優先事項
仮想通貨取引所ジェミニを運営するウィンクルボス兄弟は下落相場を「仮想通貨の冬」と例えながらも歓迎し、将来に前向きな姿勢を示した上で来年に向けた3つのターゲットを挙げた。
エンダウメント(大学基金)とは
その大学の卒業生などによって寄付された資金を株式や、債券、コモディティなどで運用し、その資金を、大学施設の整備、奨学金を始めとする学生支援や企業、社会との連携などに活用するためのもの。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

しかしそのような状況でNovogratz氏はBloomberg誌との取材で、これだけの弱気市場が続く中、なぜ未だに仮想通貨の未来を確信しているのかを語った。

前述した同社の仮想通貨投資による損失に関しては、以下のように回答している。

また最高価格から-80%以上下落を記録しているビットコインが物語っている下落相場が続く中でも前向きな見方を変えない業界の大手プレイヤーはNovogratz氏に限らない。

ウィンクルボス兄弟のタイラー氏は気温が0度を度々下回るニューヨーク等、米東海岸北部の冬の気候に擬え、「我々は冬になれている」と述べた。

またキャメロン氏はこのような市場の下落は

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B