『現在が悲観相場だとしても、仮想通貨の未来は明るい』米NY証券取引所・最高責任者が語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

『現在が悲観相場だとしても、仮想通貨の未来は明るい』米NY証券取引所・最高責任者が語る
 

『現在が悲観相場だとしても、仮想通貨の未来は明るい』米NY証券取引所・最高責任者が語る

NYSE最高責任者:仮想通貨に未来はある
Consensus Invest 2018に登壇したJeffrey氏は、仮想通貨市場の将来について確信を見せると共に、子会社Bakktについても「機関投資家が参入する大きな転機だ」と期待を示した。

「仮想通貨が、これから生き残っていくのか」との質問に対しては、「確実に生き残るだろう」と回答。また、取引所という立場であることから、価格に対して意見を述べることは適切でないとして明言を避けた。

ICEは今年8月、スターバックス、マイクロソフト、BCG(ボストン コンサルティング グループ)と共同で、新たな仮想通貨プラットフォーム「Bakkt」の立ち上げを発表した。

Bakktの開設は、当初2018年12月12日としていた。

ICE Futures US Inc.は、Bakktの現物決済ビットコイン先物取引の取引を2019年1月24日に開始する。

その点に関して、BakktのCEOであり、NYSE最高責任者Sprecher氏の妻であるKelly Loeffler氏は、公式ブログで以下の理由を挙げている。

Bakktは、ビットコインの先物取引開始を予定しているが、同社は、米商品先物取引委員会によって規制されている。

Loeffler氏は、Bakktの役割や他の取引所との違いについて詳細に述べている。

同氏は現在、取引所により価格が異なっているが、それは規制が行き届いていない証拠だとし、Bakktの役割としては、それらを是正し、詐欺や価格操作のないビットコインのカストディ・サービスや、価格発見機能を提供することだと説明している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B