ビットコイン急落時に機関投資家が押し目買いか|世界初の証券取引所上場仮想通貨ETPで最高出来高更新

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン急落時に機関投資家が押し目買いか|世界初の証券取引所上場仮想通貨ETPで最高出来高更新
 

ビットコイン急落時に機関投資家が押し目買いか|世界初の証券取引所上場仮想通貨ETPで最高出来高更新

世界初の証券取引所上場仮想通貨ETP 過去最大の取引高を記録|機関投資家の押し目買いか
スイス規制当局認定の仮想通貨ETPは、先週下落時の二日間で出来高が200%上昇した。業界有識者は機関投資家が相場の暴落を狙い、買いに入ったのではないかと分析した。

そこで先週の木曜日(12月6日)と金曜日(12月7日)に取引量(シェア)がそれぞれ53,23362,986まで跳ね上がった。この2日間の取引量増加は月平均の約20,000から見てもかなり突出したものとされている。

AmunのETPが開始してわずか二週間弱、上記二日の出来高は200%の増加を記録したことが、SNS上でも話題になっている。

以下がその期間のビットコインの価格推移チャートだ。

チャートが示すように、6日〜7日の間、ビットコインは、3829ドルから3319ドルへと、約15%の下落を記録した。

相関図が示すように、6日から9日の間、相場(青線)が下落していた一方、ETP(赤線)は上昇していった。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B