ビットコイン採掘大手Bitmainがチャイナ・モバイルとAIチップ開発で提携

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン採掘大手Bitmainがチャイナ・モバイルとAIチップ開発で提携

ビットコイン採掘大手Bitmainがチャイナ・モバイルとAIチップ開発で提携

大手ビットコイン採掘マシンメーカーBitmainは、携帯電話加入者が中国最大の通信キャリア中国移動(チャイナ・モバイル)の完全子会社と、人工知能(AI)の開発で提携しているという。9日、新浪網が伝えました。

Bitmainは、12月7日に開催されたチャイナ・モバイル・グローバルパートナー会議でチャイナ・モバイルの研究部門の1つ、中国移動通信情報技術有限公司と覚書を締結しました。このイニシアチブは、採掘界がAIセクターにピボットしつつあることを示しています。

両社は、複数の研究開発プロジェクトとAIラボの共同作業により、AIパワードビジョンチップとエッジコンピューティング向けのコンピュータビジョンソリューションの開発を促進します。

また、AIベースの境界ゲートウェイ、エッジコンピューティング、動画構造分析などの人工知能機能を強化し、標準化されたAI製品を開発する努力を強化。その他、様々なアプリケーション・シナリオに注力する予定ですーデジタルホーム、インテリジェントネットワーク、インテリジェントセキュリティシステム、スマート・ツーリズム、インテリジェント検査システムなど。

Bitmainはこの会議で、機械学習をスピードアップする設計のAI Server SA3、Embedded AI Mini Box SE3、AIチップBM1880を展示しました。

人工知能産業は、暗号通貨産業とは異なり、中国政府の全面的な支持を得ています。暗号の弱気市場が続く中、BitmainはAIへの視野を広げ、ビットコイン採掘の成功を新しい市場に移そうとしています。

これは、世界最大の半導体製造ファウンドリである台湾積体電路製造(TSMC)が提供する最先端の製造プロセスの、5つの最大顧客の1つになっています。上海に拠点を置く調査会社ICWiseの試算によると、Bitmainは2017年12月現在、ファーウェイのハイシリコン・テクノロジーズに次いで中国第2位のチップデザイン企業になっています。

Bitmainの共同設立者兼CEOであるジハン・ウー氏は、人工知能が多くのコンピューティングを必要とするため、AIチップは暗号マイニング事業と隣接関係にあるとブルームバーグに6月に語っていました。

BitMainは、香港証券取引所(HKSE)へのIPO申請中です。同社の初期投資家は、BitMain社のAI事業が、投資家にとって重要な「ヘッジ」になると述べていました。中国の投資ファンドSinovation Ventures 社エグゼクティブディレクターのJiaping Wang氏によると、ビットコイン市場の不確実性に対してBitMain社は、AIチップの市場を模索して、新たなビジネスラインを築こうとしています。Bitmainは、2023年までに収入の40%をAIから得る予定です。

今週、BitMainは、イスラエル開発センターを閉鎖する事が報じられました。2016年にラーナナに設立されたBitMaintech Israelは、ブロックチェーン技術の開発、採掘プールConnect BTCの運営、人工知能(AI)技術の開発「Sophonプロジェクト」に携わっていました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B