底値を探るビットコイン「下落相場と底値」を分析するレポートが公開|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

底値を探るビットコイン「下落相場と底値」を分析するレポートが公開|仮想通貨市況
 

底値を探るビットコイン「下落相場と底値」を分析するレポートが公開|仮想通貨市況

仮想通貨市場
仮想通貨市場は、ビットコイン価格にレジスタンスライン抜けなどが見られたものの、地合いの悪さも影響し大きく上昇することはできなかった。 重要サポートライン分析と、底値を分析した専門レポートの内容を掲載。

11月から続くレジスタンスライン後は、上昇方向への勢いこそあったものの、BitMEX4時間足チャートの雲で相場が反転し売りが強まった。

その後は下落基調の相場を続け、サポートラインで反発後はもみ合っている形だ。

仮想通貨市場のポジション比率の一つの指標として取り上げられるBitfinexのLS比率は、今回のサポートライン上で推移して以降、下落基調を続けており、投資家の方向性にも多少の変化が見られている可能性はある。

また、相場における今後の重要サポートラインを見る上で重要となるのは「週足の200日平均線」と「マイニング収益分岐率」だろう。

週足200日平均線は昨日の仮想通貨市況でも述べた、下チャートの黄色ラインとなる。

考察する2つ目に挙げた「マイニング収益分岐率」だが、中小マイナー撤退による下落相場の要因としても、大手マイナーの防衛ラインとしても相場のファンダメンタルズ要因として重要な指標となるだろう。

 しかし、今回の下落相場の影響で停止したマイニング機器の状況を受け、ハッシュレートとデフィカルティも大きく急落、6月水準に達している。

ハッシュレート最高値から比較すると半分の数値に該当するが、価格の下落状況を踏まえると、3000ドル付近までは収益分岐ラインが下がる可能性は十分にあるだろう。

以上のことを踏まえると、現在の水準3400ドルを下回った場合も、週足200ドル平均線にあたる3150ドル水準、また節目でもある3000ドル水準に厚いサポートラインがあることが考えられる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B