米SEC長官、ブロックチェーン投資の将来性を楽観視|バランスの取れた規制を強調

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SEC長官、ブロックチェーン投資の将来性を楽観視|バランスの取れた規制を強調
 

米SEC長官、ブロックチェーン投資の将来性を楽観視|バランスの取れた規制を強調

米SEC長官がブロックチェーンの投資将来性を肯定|国会上院公聴会発言
米SEC長官のClayton氏が国会上院の公聴会にて、ブロックチェーン技術・仮想通貨・ICOの現状と将来性について発言し、特にDLT投資の将来性を楽観視している。

事例として、同長官は、先日「ICOトークンの発行に当たる「有価証券」の判断を明確にする『ICOガイダンス』の公開準備に言及し、さらにSECは仮想通貨関連対策の一環として、同機関内でFinHubと呼ばれるフィンテックの窓口組織を編成していることも挙げた。

そのFinHubは、ブロックチェーン技術、ロボアドバイザー、人工知能、機械学習などの時代の先端を行く技術に付随して台頭する問題に対処することを目的として設立されており、法律を遵守した上で、ICOなどの新しい資金調達方法を選択肢の一つとして取り入れることが可能になる。

また、Clayton長官は先週、12月6日に行なった年末スピーチにて、ICOを企業の有効な資金調達方法と認めながら、有価証券販売に該当すれば証券法に遵守しなくてはならないとも指摘した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B