「2018年、仮想通貨ユーザーは前年比倍増」ケンブリッジ大の最新研究結果|今後はステーブルコインなどが最も重要視される

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「2018年、仮想通貨ユーザーは前年比倍増」ケンブリッジ大の最新研究結果|今後はステーブルコインなどが最も重要視される
 

「2018年、仮想通貨ユーザーは前年比倍増」ケンブリッジ大の最新研究結果|今後はステーブルコインなどが最も重要視される

「2018年、仮想通貨ユーザーは前年比倍増」ケンブリッジ大の最新研究結果|今後はステーブルコインなどが最も重要視される
イギリスの名門ケンブリッジ大学所属の「オルタナティブ金融センター」の最新仮想通貨報告書:新規ユーザーは2017年に比べ二倍増加、関連サービスプロバイバーや兼用できるマルチ通貨などの数も大幅上昇など、下落相場の中、業界はさらなる成長を見せている。

下記のグラフでは下落相場が続くにも関わらず、2018年の1月〜9月までの仮想通貨(研究で確認ができた)ユーザーが、2017年に比べ、2倍となったことが示されている。

現在、グローバルでおよそ1億3900万の仮想通貨アカウントが存在すると同大学は推測しており、中では、IDで確認できたのは少なくとも3500万ユーザー;この数字は、2017年に比較すれば、どちらも2倍近くの増加は確認できる。

米有力紙ブルームバーグ
の同研究報告書に対する分析では、「このように仮想通貨のユーザーが下落相場の中でも、増加し続ければ、いずれ相場の回復を引き起こしうるだろう」との見解を見せた。

ケンブリッジ大のこの仮想通貨業界調査報告書では、最後に、「将来の展望」というセクションも設けられており、中では、最も重要視されるとされる仮想通貨関連技術は、レイヤー2(ライトニングネットワークやSegWitなど)と、ステーブルコイン。

以上のように、Layer2とステーブルコインは、特に、ウォレット企業のような「ストレージのみの企業」と「マルチ産業にサービスを提供する企業」に最も影響を及ぼす可能性があると言及した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B