リクルートが支援する融資企業BlockFiが、クレジットカードとセービングアカウントの新事業を計画

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リクルートが支援する融資企業BlockFiが、クレジットカードとセービングアカウントの新事業を計画

リクルートが支援する融資企業BlockFiが、クレジットカードとセービングアカウントの新事業を計画

最近、暗号レンディング企業BlockFiは、フィデリティ、Akuna Capitalが率いる資金調達ラウンドで400万ドル(約4.4億円)を獲得しました。これは、7月にマイク・ノボグラッツ氏のギャラクシー・デジタル社が率いた5250万ドル(約57億円)の資金調達に続きます。

ウォール街の常連が、ニューヨークの暗号レンディング会社BlockFiを支援しています。同社を支持するのは、フィデリティの子会社デボンシャイア・インベスターズ、モルガン・クリーク・デジタル、ギャラクシー、Akuna Capital、CMT Digital等を含みます。最新のラウンドで同社は、転換社債の投資で400万ドルを調達しています。

The BlockとのインタビューでBlockFi社CEOのZac Prince氏は、2019年に、提供するサービスを多様化させると語りました。

現在、BlockFiは暗号資産を保有する個人や企業にフィアットを貸し出しています。弱気市場にもかかわらず、同社は毎月成長を続けており、1000万ドル以上融資しました。今後同社は、ウォール街のリレーションを拡大しながら、クレジットカード製品と利払いセービングアカウント(≒普通預金)を暗号事業に投入する予定です。

「航空会社のマイルの代わりに、クリプトを提供するクレジットカードをアメリカでやりたい」とPrice氏は述べる。BlockFiは、既存のクレジットカード会社と提携する予定です。最初のステップとして、同社はバンキングパートナーに対して、顧客から十分な利息を得ている事を示す必要があります。

「クレジットカード会社は、10,000以上の顧客が新規登録する事を、条件にしている。」

同社はまた、2019年に暗号通貨の利払いセービングアカウントの提供を計画する。従来の預金口座と同様に、ユーザーはBlockFiを使ってビットコインを口座に入れ、より多くのビットコインを獲得できます。

「しかし、それはかなり高くつくだろう。具体的な金額は変動するが、当社のベンチャー投資家による莫大な投資を受ける事になる。」とPrice氏は語る。

BlockFiは、クリプトの機関的借り入れを促進しています。これにより、機関はトレードで特定の暗号をショートしたり、流動性を生み出すことができます。

ウォール街の融資サービスは、まだ完全に暗号市場に参加していません。一般的に、そうした企業は、顧客にマージン・ファイナンス、決済、カストディサービスを提供します。ウォール街の仲介者として、彼らは大規模投資家が各取引所に資金を入金しなくても、複数の市場でシームレスに取引できるサービスを提供しています。

BlockFiは完全なプライムブローカーになる野心は無くとも、他の方法でウォール街サービスに深く浸透するかもしれません。BlockFiは、カストディとクリアランスを提供する企業と提携しており、レンディングの側面を提供しています。

CMT Digital責任者、Colleen Sullivan氏は以下のように述べています;

「従来の金融市場が参入するには、今日の暗号資産市場のインフラに、ある程度のギャップがあると信じています。暗号資産業界が成長し、新たな参加者を獲得するために、こうしたギャップは埋めるべきです。暗号資産に裏付けられたローンはその1つです。私たちは、BlockFiチームがこのギャップを埋めるソリューションを構築していると信じています。」

11日、株式会社リクルートは、投資子会社である合同会社RSPファンド6号を通じ、BlockFi Incへ出資した事を発表しました。リクルートは、仮想通貨保有者の法定通貨に換金するニーズに対して、BlockFiのレンディングが、「低利率かつ即時に対応している」と評価しています。

2017年8月に設立されたBlockFiは、暗号資産を担保にすることで本人確認などの審査プロセスを簡略化、及び自社と外部のデータベースを活用した審査フローを自動化して、申し込みから貸付までのリードタイムを短縮し、低利率の法定通貨貸付を実現するサービスを提供しています。

本サービスは現在、個人の仮想通貨保有者だけでなく、仮想通貨送金事業者やICO企業、仮想通貨交換業者、マイニング事業者等多くの事業会社に利用されています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B