仮想通貨取引所Zaif復活への第一歩 ビットコインの入出金再開を発表|第三者機関の脆弱性診断で安全性を確認

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨取引所Zaif復活への第一歩 ビットコインの入出金再開を発表|第三者機関の脆弱性診断で安全性を確認
 

仮想通貨取引所Zaif復活への第一歩 ビットコインの入出金再開を発表|第三者機関の脆弱性診断で安全性を確認

Zaifがビットコイン(BTC)入出金再開
仮想通貨の流出事案後、一部サービスを停止していた仮想通貨取引所Zaifが、BTCの入出金を12月17日(月)17時ごろより再開。仮想通貨ハッキング事件後、第三者機関の脆弱性診断により、安全性が確認されたことを受け、サービスを順次再開する意向も発表した。

新規口座開設

コイン積立(新規登録、引き落とし、買い付け)

アフィリエイトプログラム(新規登録、本人確認またはコイン積立加入が条件となる報酬の発生)

マネパカード連携(出金&チャージ)

今回のBTC出金の再開は、事業譲渡を行なった株式会社フィスコが引き継ぎを行なった「近畿財務局より発出された業務改善命令への対応遂行」を実施した上で、第三者のセキュリティ専門機関が実施した脆弱性診断によって、安全性が確認されたサービスに関して順次再開を行う上での対応となった。

今回はまずビットコインの出金を再開させたことになるが、同様に流出事案が発生したコインチェックも関連サービスの再開に順次動き始めている。

これらの事件を背景に発令された業務改善命令を踏まえても、日本の仮想通貨市場が再始動が徐々に動き始めたことになるだろう。

Zaifは2018年9月17日、サーバー障害を理由に入出金を停止、20日明朝、取引所を運営するテックビューロ社がハッキング被害をうけた事をプレスリリース文にて公表し、Zaifの不正アクセス及び仮想通貨の流出事案が明らかになった。

2018年10月10日に、フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡で合意。2018年11月22日、フィスコグループはテックビューロ社から仮想通貨交換事業「Zaif」の譲渡が完了したことを発表している。この事業譲渡でZaifの安全性の強化、流出した仮想通貨の補償を完了させた形だ。

国内大手取引所「Zaif」の利用者やサービス内容を承継し、本格始動したあと、事業拡大していくであろう「フィスコ取引所」。独自のサービス展開も期待されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B