銀行口座でユーロとビットコインを管理できる独Bitwala、4万人向けにサービスをローンチ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

銀行口座でユーロとビットコインを管理できる独Bitwala、4万人向けにサービスをローンチ

銀行口座でユーロとビットコインを管理できる独Bitwala、4万人向けにサービスをローンチ

暗号資産のバンキングプロバイダーBitwala(ビットワラ)は、事前登録ユーザー数4万人からなるドイツのクリプト・ユーザーに、銀行サービスを提供し始めました。同社は、すぐに追加の国と暗号通貨のサポートを予定しています。12日、news.Bitcoin.comが報じました。

Bitwalaの銀行口座では、ユーザーは、ビットコイン(BTC)とユーロの両方の預金を1か所で管理することができます。Bitwalaアカウントには、ビットコインウォレットが付属しており、ユーザーはBTCを購入・販売し、経費を管理することができる。また、IBANコードと非接触デビットカードを受け取ります。

新しい銀行口座はユーザーにSEPA取引を提供し、定期支払いを容易に管理し、現金支払いとATM現金引き出しのためのデビットカードを備えている。例えば、顧客はBitwalaアカウントを使用して、給与を受け取って家賃を支払うことができます。そして、もしビットコインを取引したいのであれば、同じ収支から流動性を引き出すことができます。Kessler氏は以下のように述べています;

「ビットコインのみが現時点でサポートされています。秘密鍵を持っているマルチシグウォレットを使ってアクセスできます。すぐに他の暗号通貨が続きます。」

同氏によると、オンライン銀行口座とデビットカードは無料。BTCとEURの取引は1%の手数料を徴収する。同社の市場調査によると、市場平均より5ポイント低いという。

Bitwalaは12月12日、クリプト利用者向けの銀行サービスの提供を開始したと発表しました。「事前登録済みの4万人と、待機中のリストに基づいて、新規顧客に徐々に開放する。」と述べています。

銀行口座はベルリンに本拠を置くSolarisbank(ソラリスバンク)にホストされています。このパートナーは銀行ライセンスを持ち、ドイツの連邦金融監督機構(BaFin)が監督しています。Bitwalaの広報Roman Kessler氏は、以下のように述べています:

「今のところ、ドイツの住民だけがKYC(顧客確認)プロセスを通過できます。1月にはうまくいけば、EU内の他の管轄区域にも拡大されます。」

口座開設に、顧客はアカウントを開くためにIDを取得、動画検証を含むKYCプロセスも完了する必要があります。同社はまた、「ドイツの銀行口座と同様に、最大10万ユーロ(約1300万円)のすべての預金はドイツの預金保証制度(DGS)によって保護されている」と説明した。

2016年3月に設立されたBanking-as-a-Platform(BaaP*)機関であるsolarisBank(ソラリスバンク)は7月に、ブロックチェーンとデジタル通貨業界の顧客に焦点を当てた新しいバンキングサービスプラン「ブロックチェーンファクトリー」を発表した。このサービスは直接的または間接的に仮想通貨やブロックチェーン技術を扱う企業に財務管理サービスを提供します。同社は昨年3月にABN Amro、SBI グループ、Visa、BBVA、Lakestarなどの企業からシリーズB資金調達ラウンドで7000万ドルを調達していた。

Solarisbank(ソラリスバンク)は、ドイツで2番目の規模の証券取引所シュトゥットガルトエクスチェンジグループと共同で、暗号資産取引所を構築している。コインテレグラフドイツ版によると、ビットコインとイーサリアムを扱うプラットフォームを2019年上半期に開設する見通しです。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B