中国仮想通貨マイニングマシン販売業者に大きな痛手 ASICの売れ行き不調

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国仮想通貨マイニングマシン販売業者に大きな痛手 ASICの売れ行き不調
 

中国仮想通貨マイニングマシン販売業者に大きな痛手 ASICの売れ行き不調

ASICマシンの売れ行き不調
多くのマイニング業者が集まっていることで知られる深セン市華強北地区は、ひと昔中国全土から仮想通貨マイナーがASICを購入しようと殺到していたが、現在やその様子は見られない。相場急落によるマイナーの利益減少の影響を受け、ASICの売れ行きはかなり不調となっている格好だ。

しかし、現在は閑古鳥が鳴いている格好だ。

現地セールスマンも商品を出荷できず、困り果てている様子。その影響でマイニングマシンの販売価格にも大きな変化が現れている。

例えば、以前「Shenma WhatsMiner M3」は、9万8,000円ほどで販売されていたが、現在は2万円以下で購入可能となっている。

深センのIT中心地であるSEGプラザに勤めるセールスマンのDehui Kang氏は、「まだ仕事はあるものの、マイニングマシンを販売して得られる利益は、携帯電話を販売して得られる利益とほぼ同等だ。」と話し、マイニングマシン販売の利益が減少していることを明らかにした。

また先日コインポストでも報道したように、最大手マイニング企業ビットメイン社も弱気相場を受け、イスラエル部門の閉鎖を余儀なくされている。

この売れ行き不調の背景には、マイナーの利益が減少していることが挙げられるが、主に3つの要因がマイナーに大きな打撃を与えている。

先月、世界三大ビットコインマイニングプールF2poolの創設者Shixing Mao氏は「9月中旬から、不調な相場が要因か、特に中小規模において、50万〜80万ものビットコイン・マイニングマシンが稼働を停止されている」と指摘した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B