「STOをより一般的な投資家に」を掲げるNeufundが、自身のSTOで約4億円を調達

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「STOをより一般的な投資家に」を掲げるNeufundが、自身のSTOで約4億円を調達

「STOをより一般的な投資家に」を掲げるNeufundが、自身のSTOで約4億円を調達

欧州のエクイティ資金調達プラットフォーム、ニューファンド(Neufund)は、自身のSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)で300万ユーロ(約4億円)を調達しているという。この数字は予定のソフトキャップを2倍以上上回っています。同社のオファリングは先週発表され、エンジェル投資家、VC、および高プロファイルな個人から大きな関心を集めています。

欧州の新興企業Neufundは、STOの魅力的な成果を示す300万ユーロを調達しています。弱気市場にもかかわらず、Neufundは自身の存在を際立たせ、確固たる結果を示しています。公募は12月16日に終了する予定です。

現在、投資家の最低出資額は€100,000(約1280万円)です。しかし、Neufundは、2019年にはSTOをより小規模な投資家に開放することを期待していると述べている。Neufund CEOのZoe Adamovicz氏は以下のように述べています;

「Neufundを通じて実施されるオファリングは、グローバルな投資家のプールにアクセスできます。今後のエクイティ・トークン・オファリング(≒STO)に参加するには、適格投資家である必要はありません。90カ国以上の3000以上の投資家が既にプラットフォームに登録されています。」

Zoe氏は、トークン化により投資エコシステムから情報の非対称性を廃絶し、プロセス全体を完全に透過的にすると説明しています。プログラマビリティのおかげで、発行者は、資産自体に投資家ガバナンスモデルを構築したり、コンプライアンスを自動化できます。

断片的な所有権は、資産の1単位がほぼ無制限(小数点)のトークンで表されるため、エントリレベルを下げます。そのため、トークン化は、暗号市場でより高い流動性を約束するという。

「Neufundは、ユーザー、投資家が分散して所有する、唯一のトークン化および発行プラットフォームです。Neufundを通じた投資は、ブロックのマイニングのようなものです。NEUトークンに代表される、エコシステムの経済的共同所有に対して報酬を得ます。したがって、NEUを取得すると、Neufundで生成されたすべての収益に占めるシェアが得られます。」

Neufundは、既にセキュリティトークンを提供する、90か国3000以上の独自の投資家プールを誇っています。彼らのNEUトークンは、受賞歴のある音楽プロデューサーのChris Zippelから映画製作者のDario Suterまで、多様な人々を集めています。

既存の投資家も関心を寄せています。フライガイスト・キャピタルとアトランティックラボ、Neufundの新たなエクイティ資金調達プラットフォームに投資しました。

NeufundのCEOのZeo Adamovicz氏は、ドイツ政府の分散型帳票技術に関する顧問も務めています。同氏は、セキュリティトークン・スペースへの関心が「圧倒的」であると述べています。

Neufundはドイツのベルリンに拠点を置く投資家向けのブロックチェーンベースのプラットフォームです。彼らの目標は、市場への障壁を排除し、潜在的な投資家と日常的に働く人々のより大きなプールにそれを開放することです。

Neufundは2016年以来、所有権のオープンソース標準を開発しており、第1世代のセキュリティトークンを既に市場で発行しました。同社の親会社は、2016年に設立されたベンチャーキャピタル会社Fifth Force GmbHです。

同社は今月、暗号資産ウォレット大手Ledger(レジャー)社との提携を発表しました。両社の提携は、セキュリティトークンのフレームワークの開発を目的としています。

関連

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B