ブロックチェーン・アプリケーションの開発方法|イーサリアムとNEM(ネム)の違い

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーン・アプリケーションの開発方法|イーサリアムとNEM(ネム)の違い
 

ブロックチェーン・アプリケーションの開発方法|イーサリアムとNEM(ネム)の違い

NEMアプリケーションの開発
NEM JAPANとCOINAGE主催の「現役エンジニアが教える 0からNEMアプリケーションを開発する方法」と題したセミナーに参加。その一部内容をお届けします。ネムアプリ開発に興味のある方必見です。

NEMを利用することにより、ブロックチェーンを利用したアプリケーションを製作することが可能となる。ちなみに、NEMのプラットフォーム内などで利用される通貨はXEM(ゼム)と呼ばれる。

今回参加したセミナーでは、そのNEMアプリケーションの開発方法を、現役のNEMアプリケーション・ウェブアプリケーション開発者の岡田氏と中川氏が、わかりやすく解説している。

今回の記事では、お二方の登壇内容の一部をお届けする。

現在、ブロックチェーン・プラットフォームは数多く存在するが、その中で最も有名なのはイーサリアムだろう。

しかしイーサリアムではなく、ネムを使うメリットにはどういうものがあるだろうか。

この分散型アプリケーションのデータは、P2P方式で保存される。このP2P方式は、ネットワークに参加するノード全員が、あるデータを管理し、ソースやサービスを提供しあう方式のことを指す。

つまり、何か分散型アプリケーションをリリースした際、全てのノードが、そのソースコードなどを共有することになる。

この共有により、仮に脆弱性や改善点などが発見されたとしても、全てのデータはあらゆるノードに分散化されて一括で管理されていないため、アップデートや修正を加えることは極めて難しい

このように、リリース後の修正が厳しいためイーサリアムのプラットフォームで分散型アプリケーションをリリースする場合、脆弱性やバグがない完璧な状態でアプリケーションを立ち上げなければならない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B