仮想通貨関連スタートアップのベンチャー資金調達頓挫|下落相場が要因

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨関連スタートアップのベンチャー資金調達頓挫|下落相場が要因
 

仮想通貨関連スタートアップのベンチャー資金調達頓挫|下落相場が要因

直近の仮想通貨関連スタートアップのVCファンドは水の泡
米仮想通貨VC企業DCG社のCEOは、ここひと月ベンチャーファンドによる多くの仮想通貨関連企業の資金調達が中絶に終わったと明かした。一方では、仮想通貨取引所ErisXのように巨額の資金調達に成功したケースもある。

CoinbaseやRipple、bitflyerなど仮想通貨業界における大規模な企業のファンディングにも関わってきた同氏は、それについて以下のように語った。

また、そのような、長いものに巻かれるようなVCについて、Voorhees氏は「信念が足りない」と、批判している。

多くのVC企業が一旦の市場からの撤退をする一方で、Andreessen Horowitz社のような、今の市場の中でも投資を率いる動きを見せるVC企業もいくつかあると認識されている。

例を挙げると、NasdapやFidelityなどの大手企業、日本からはマネックスグループも含まれた21社による出資で、米国の規制に則った形でのデジタル資産先物と現物取引の提供を予定するErisX社は総額27.5億ドル(約31億円)の資金調達に成功している。

それについて、ErisX社のCEO、Thomas Chippas氏は、そのような主要な金融機関のサポートは同社の長期的な成長に寄与するとし、以下のように述べた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B