トランプ政権新ホワイトハウス首席補佐官に仮想通貨ビットコイン擁護派議員を任命

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トランプ政権新ホワイトハウス首席補佐官に仮想通貨ビットコイン擁護派議員を任命
 

トランプ政権新ホワイトハウス首席補佐官に仮想通貨ビットコイン擁護派議員を任命

大統領首席補佐官代行に仮想通貨擁護派
トランプ大統領は自身の新たな大統領首席補佐官代行として「ブロックチェーン議員連盟」を設立する等、仮想通貨に対して前向きな姿勢を示しているミック・マルバニー議員を任命した。仮想通貨に精通している同氏がホワイトハウスで権威のある地位に就くことで仮想通貨に対する他議員の見解に良い影響が及ぶ可能性が期待される。

大統領首席補佐官は、ホワイトハウスで米大統領を直接補佐する役割を担い、大統領以外ではホワイトハウス運営を統括する閣僚級のポストであり、任命に当たっては大統領権限のみで可能であり、議会承認は必要ない。

現在、首席補佐官を務めているジョン・ケリー将軍は海兵隊出身で、トランプ政権内では調整役としての声望も高かったが、辞任に伴い後継者探しが難航していた。マルバニー議員が任命された理由としては、トランプ大統領への忠誠心に加えて、議会の事情に精通している点があるとみられる。

マルバニー議員は弁護士出身で、米国南部サウスカロライナ州を基盤として2010年に連邦下院議員に当選して以来、共和党議員として国政に関与し続けている。

この議員連盟はブロックチェーン技術に関する研究や、啓蒙活動を目的としており、政府機関に個人情報保護、医療といった分野でのブロックチェーン技術の適用の可能性を模索していく民主・共和両党から議員をメンバーとして含む超党派の議員連盟で、共和党のマルバニー議員は民主党のJared Polis議員と共同で立ち上げに携わった。

仮想通貨やブロックチェーン技術の理解が深い同議員が米国政治の中枢ともいえるホワイトハウスの閣僚級の地位につくことが仮想通貨に与える影響が一部で注目されている。

また9月には米証券取引委員会の新たなコミッショナーとしてトランプ大統領はElad Roisman氏を任命しており、同氏も仮想通貨に対して前向きな姿勢を示している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B