トロン(TRX)ネットワークの取引量が急増!ギャンブルとエビ養殖のゲームが牽引する

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トロン(TRX)ネットワークの取引量が急増!ギャンブルとエビ養殖のゲームが牽引する

トロン(TRX)ネットワークの取引量が急増!ギャンブルとエビ養殖のゲームが牽引する

ブロックチェーンプラットフォーム・トロン(Tron:TRX)のトランザクション数が増加し続けています。エクスプローラー「Tronscan」によると、Tronネットワーク全体のトランザクションは、12月16日に300万回以上処理されました。2018年6月にメインネットを開始したTronのプラットフォームは着実に拡大しています。

これらの取引の大半はギャンブルアプリ、特に「TRONbet」で発生しています。TRONbetは、ユーザーにシンプルなインターフェイスを介して、乱数が選択した数よりも低いか高いかを賭けるバイナリーゲームをユーザーに提供しています。この「公平で公正なサイコロゲーム」は、10月にトロンが毎日の取引量でイーサリアムを最初に上回る要因となりました。

18日時点、DappRadarによると、TRONbetだけで過去24時間に170万件以上のトランザクションを処理したことを示しています。比較すると、イーサリアムdAppで最多取引量のIDEXは同8400件、イオスのFishjoyは同54万件の取引を処理しました。

DappRadarによると、18日時点にトロンで最も利用されているdAppsは、エビ養殖ゲーム「TRON Shrimp Farm」です。今週リリースされてわずか数日で、ユーザー数15,000、過去24時間の取引数は3万件を上回っています。

各プレイヤーには5匹のエビが与えられ、各エビは24 時間で卵を産みます。仮想のエビ養殖場があり、エビは定期的に産卵するので、プレイヤーはエビの卵をより多く孵化させるか、TRXの報酬と引き換えに売却できます。最初に孵化させてエビを大量に増やすのがコツのようです。基本的には5月にイーサリアムで流行したEther Shrimp Farmと同じ仕組みな様です。

先週、Tronコミュニティによって構築された分散型取引所TRX Marketがオンラインになり、DICE、BET、FUNに対するTRXトークンのトレードペアが上場しています。これら3つはすべてギャンブルdAppsに関連付けられています。

サイコロからエビまで、ギャンブルの分散型アプリケーションは新しい暗号通貨の導入の鍵となっています。プラットフォームクリエイターにとって、少なくともギャンブルへの早賭けは、長期的にペイオフしそうです。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B