仮想通貨Zcash(ZEC)、軽量化した匿名アドレスにより利用数が増加か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨Zcash(ZEC)、軽量化した匿名アドレスにより利用数が増加か
 

仮想通貨Zcash(ZEC)、軽量化した匿名アドレスにより利用数が増加か

仮想通貨Zcash(ZEC)、軽量化した匿名アドレスにより利用数が増加か
先日大型アップグレードが行われたZcashの匿名シールドアドレスの利用数が増加していると同開発チームの責任者が公式ブログにて発表している。統計データからの実際利用率や米国土安全省からの関心もまとめた。

要するに、シールドがかかっている匿名アドレスでは、通常のアドレスと異なり、トランザクションの詳細は外部から見られないようにする仕組みとなっている。

そして、Zcashの理念として掲げられている「プライバシーが当たり前」となる仮想通貨の時代が今も話題となっている。

Zcashの公式発表を執筆したPaige Peterson氏は、シールドの実現により、アドレスにおける匿名機能の利用が多く見られると以下の様に述べた。

ブロックチェーン活動のデータサイトBlockspurによれば、過去30日におけるZcashのトランザクションアドレスは、大半以上が未だ通常の可視化となっていた格好だ。

とはいえ、米国土安全省は、Zcashやモネロのような匿名性に関心を示している。

国土安全省は、国内の中小企業に向けて「ビジネス意見の募集資料」を公開し、企業および政府による仮想通貨の利用メリットを認めながらも、匿名性の高い仮想通貨が犯罪行為に使われた場合、どのようにトラッキングし、犯罪分析を起こすことができるかに焦点を当てていることが判明した。

需要と同時に規制当局からも注目の高い匿名通貨、今後もその動きに注目したいところだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B