ビットコイン高騰の裏で11月の下落相場と異なる2つの変化|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン高騰の裏で11月の下落相場と異なる2つの変化|仮想通貨市況
 

ビットコイン高騰の裏で11月の下落相場と異なる2つの変化|仮想通貨市況

仮想通貨市場
仮想通貨市場は18日、ビットコインの急騰を機にアルト市場も全体的に上昇、久しぶりの全面高相場に。久しぶりの上相相場の裏では、これまでの下落相場とは異なる2つの変化が見られている。

ビットコイン相場は、加熱期に当たる昨年12月の200万越え記録から一年を通し下落基調が継続、6000ドル付近の主要サポートライン、また注目されていた21month EMA割れが影響し11月は大暴落相場に繋がった。月間下落率でも37%と過去最大の下落幅を記録している。

それほど大きな相場下落が起こった事で、年初来安値水準が年末まで続いたと仮定すると年間下落率でも73.4%の過去最大下落幅を記録する可能性もあった形だ。目先の買材料不足によるレンジ相場が継続する懸念や、確定申告確定時期に当たる年末前の状況はある意味で厳しい状況であったと言わざるを得ないが、本日18日に相場が一時上昇に転じたことで、下落相場の重要な転換点となるかもしれない。

これらを踏まえても注目されるビットコイン相場の「底値」だが、実際にこれまでと異なる変化が見られている。

今回一つの見方として注目したいのは、6000ドルを割ったことで断続的に年初来安値が更新されてきた状況下での出来高だ。

また、19日にはビットコイン相場において重要な2つのイベントが控えている。

1つ目は、米国時間12/19(水)に控えているのが、米国でビットコイン先物取引を提供しているCboeのSQ日だ。特に直近の相場では大きく値が動いたため、信用取引の決済日は意識されている可能性は高いだろう。

すでにポジション清算の動きが行われている可能性は十分に考えられるため、信用取引の売り注文清算も上昇要因としてあげる事ができるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B