仮想通貨テザーの裏付け資金疑惑に新たな進展|ブルームバーグが担保金と流通量の一致を報道

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨テザーの裏付け資金疑惑に新たな進展|ブルームバーグが担保金と流通量の一致を報道
 

仮想通貨テザーの裏付け資金疑惑に新たな進展|ブルームバーグが担保金と流通量の一致を報道

大手メディアのブルームバーグがテザーの裏付け資金確認を報道
大手メディアのブルームバーグが仮想通貨市場の不安要素の一つであるテザーの裏付け資金について独自の調査を行い、4つの月において担保の米ドルと市場の流通量が一致していると報道した。

2017年9月から、テザー社がプエルトリコ のノーブル銀行(Noble Bank)口座と、カナダのモントリオール銀行口座に、4億529万ドル分を保有している事実を示唆した文書を確認できたとブルームバークは報じている。なお、同月の終わりには、4億3500万のUSDTが流通していた。

またブルームバーグによると、今年7月の銀行口座明細書においても、市場で流通しているUSDTトークンの量とドル保有額が一致していることを示していると調査の結果を報じるなど、USDTの担保資産に関する報道は度々行われている。

その後も、正式な監査が行われることはなく、今年6月に第三者による、USDTの米ドルによる裏付けに関する報告書を公表したものの、監査法人ではなく、ワシントンDCに拠点を置く弁護士事務所、Feeh Sporkin & Sullivan LLP によるものであったため、テザー社が約束した「正式な監査団体による調査結果の開示」はいまだに行われていない状況が続いている。

司法省の調査の焦点は、近年の仮想通貨の劇的な高騰、特に2017年12月のビットコインの価格高騰が、純粋に実際の需要によってもたらされたのか、それともステーブル通貨のテザーを利用した市場の仕掛け等の不正行為によって部分的に扇動されたのか、といった価格操作にあることを発表している。

その反面、ブルームバーグは正式な監査法人ではないため、今回テザー社の担保資金と流通量が大方一致しているニュースが、CFTCや司法省といった米国の政府機関が続けている調査に影響を及ぼすとは言い難く、米政府のテザーに対する懸念は裏付け資金に関する疑問だけではなく、仮想通貨市場における市場操作の目的でテザーが利用されているかという問題自体が払拭されてはいない。

ブルームバーグのような大手メディアからテザーの証拠金を確認できたと報道したことは確かに市場におけるプラス材料と捉えられるが、米司法省の調査は未だに続行している為、完全にテザーへの不安が払拭された状況であるとは言い切れないため、引き続き警戒感は続くだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B