元IMFエコノミスト、1年間の壮大な「ビットコイン空売り」ポジションを閉じる

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

元IMFエコノミスト、1年間の壮大な「ビットコイン空売り」ポジションを閉じる

元IMFエコノミスト、1年間の壮大な「ビットコイン空売り」ポジションを閉じる

ちょうど1年前、ビットコイン(BTC)は19,511ドルのピークに達しました。まもなく、元国際通貨基金(IMF)のエコノミスト、上級リスクトレーダーのマーク・ドウ氏は、ショートポジション(空売り)を入れました。その後、ビットコインは成長を維持できず、価格は下落しました。1年後、マーク氏はショート・ポジション(空売り)を完全に閉じました。彼の直感の根拠は、ビットコイン先物取引の発売だったという。

2017年12月24日、マーク氏はビットコインをショートする手引きを書きました。ピーク後1週間に満たない時期だと、彼は書いています;

「まず、ビットコインは変動が激しい。年換算のボラティリティは100%を超えており、毎日6%以上の変動を示しています。第2に、ビットコイン取引は24時間365日開かれていますが、ビットコイン先物は通常のGLOBEX(CME)の時間に従います。第3に、取引所には完全性リスク(ゴックスなど)があり、先物には20%の値幅制限があります。後半の2つの要因は、先物取引のギャップ/不連続な価格リスクを増加させます。ビットコイン先物のロングポジションのリスクの方がショートよりも高い。」

「今日、私はビットコインのショートにサヨナラを言います。寂しい!」

12月18日、マーク氏はブルームバーグに、今年2回既に利益を上げているが、最終的には完全にクローズすることにしたと述べました。彼は、ビットコインが今後上昇すると見ている事が理由かどうか、コメントしませんでした:

「十分です。私はこれがゼロになるまで乗る気はありません。私はレモンからさらに絞り出すことはしたくない。私はこれについて考えたくありません。そろそろ潮時だ。」

マーク氏は、ビットコインが「信仰に基づいている」と語る。昨年のバブルの理由は、主に人々が「物語を信じている」からであり、多くのトレーダーが根底にある技術を実際に理解することができなかったため「より暴力的な」バブルにつながったという。彼はブルームバーグに以下のように伝えました;

「人々はまさに価格が上がっているのを見て、それを欲した。人々の想像力は、事実に結びついていないとき、問題を理解していないとき、さらに大きく膨らむ可能性がある。そのためバブルがはるかに大きく、より暴力的になりました。私はそうした心理的な兆候を見て、熱量が崩れる瞬間が訪れると考えました。」

「人々は物語を信じてこれらの資産を購入し、それが弱体化しているか変化しているかを判断するために資産価格を見る。これは簡単ではない。間違っている事もある。そしてそれこそあなたが探しているサインだ。しかし、だからといってそのことを正確に理解できるとは限らない。」

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B