BitMEX CEO「仮想通貨市場特有の24時間取引は、株式や為替市場などの資産クラスに波及し得る」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

BitMEX CEO「仮想通貨市場特有の24時間取引は、株式や為替市場などの資産クラスに波及し得る」
 

BitMEX CEO「仮想通貨市場特有の24時間取引は、株式や為替市場などの資産クラスに波及し得る」

ノンストップ取引の波及を予想
株式やFXなど多くの既存市場は、取引できる時間が限られているが、仮想通貨市場は、24時間365日取引を行える。そして、このノンストップな取引方法が今後、多くの市場で普及して行くとBitMEXのCEOは予想した。
仮想通貨は新しい資産クラスか
BitMEX CEOのHayes氏は仮想通貨が現時点で資産クラスになり得ないと言及したが、将来的には、その限りでないことを示唆した。

まずHayes氏は、仮想通貨取引が株式市場などとは異なり、1日24時間365日止まることなく取引されていることは、特筆すべき特徴であるとし、次のように述べた。

現在日本の市場は、以下の時間帯で取引が行われている。(各国、各取引所で差異あり)

アメリカ時間で平日24時間

平日(後場)12時30分~15時

このように、FX市場が唯一24時間取引を可能にしているが、それでも銀行が閉まる週末などは取引できず、365日取引できるのは仮想通貨のみであると言える。

そして、Hayes氏は、この365日24時間対応の取引が仮想通貨だけでなく、今後、上記で挙げた既存金融市場にも波及していくと考えているのである。

Hayes氏は、その後、仮想通貨が新しい資産クラスに該当するかと問われた。

実際、仮想通貨市場が2018年に入ってから大幅に縮小し、イーサリアムも今年初頭の最高値から、一時期90%以上の値下がりを記録したことも含めると、価格の安定性や規制の不透明性など、未だ多くの問題が解決される必要があると言えるだろう。

先月11月にもHayes氏は、50億円以上の調達を行なったTelegramやFilecoinなどの多くのプロジェクトを批判し、そのほとんどが「将来的に価値を待たないトークン」になると辛口のコメントを残した。

一方で、今後10年の発展次第では、新たな資産クラスにもなり得ると同時に、新たな資金調達法、価値の移動という側面において受け入れられる可能性も示唆した。

このように、仮想通貨は未だ未熟な業界であるとされているが、今後長期的に、さらに普及、発展することで、そのノンストップな取引形態が株式やFXなどの既存金融市場の取引時間にも波及し、新しい資産クラスとして認識されていくことが期待されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B