ICO総合プラットフォーム「COMSA」がCOMSA CORE β版(テストネット)を公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ICO総合プラットフォーム「COMSA」がCOMSA CORE β版(テストネット)を公開

ICO総合プラットフォーム「COMSA」がCOMSA CORE β版(テストネット)を公開

18日、テックビューロ ホールディングス株式会社は、関連会社であるテックビューロ株式会社より事業継承したICO総合プラットフォーム「COMSA」のソフトウェア開発事業であるCOMSA CORE のβ版(テストネット)を公開したことを発表しました。

COMSA COREは、異なるブロックチェーン間でトークンのペッグと制御を行い、それぞれの価値をトークンに変換し、総量をコントロールするソフトウェアです。

今回のテスト版では、EthereumブロックチェーンとNEMブロックチェーンの異なるブロックチェーン間において、トークンの変換を行います。
EthereumのRinkebyテストネット上とNEMのテストネット上で、CMSのテストトークンを1対1の割合で変換することで、主要な2つのブロックチェーンの違いを意識せずトークンを送受信することが可能となるそうです。

テスト版ではCMSのテストトークンのみ利用することが出来ますが、今回の公開を通じて、その活用イメージの醸成とUI/UXの改善を進め、来年夏頃の正式版リリースを目指すとしています。

・テストネット:https://comsa-core.comsa.io

・チュートリアル:https://comsa-core.comsa.io/files/COMSA_CORE_BETA_Tutorial_ja.pdf

・公開期間:2018年12月18日〜2019年1月31日

COMSA COREを活用することによりトークンセール時にEthereum及びNEMブロックチェーン上で発行されたトークンでも受け付けることが可能となり、企業側は独自のトークンエコノミーを構築する上で、複数のブロックチェーンを採用することが可能となり、トークンの流動性やユーザーの利便性向上を目指すことができるとのこと。

具体的な例として以下3つを挙げました。

・ケース1:ゲーム
Ethereumブロックチェーン上で高い価値を持ったゲームのアイテムを、NEMブロックチェーン上で新しく作るゲームに組み込むことが可能になります。

・ケース2:投票
NEMのNEM wallet(旧Nano wallet)ではクリックのみで期限や議題を決めて投票を簡単に実行することができますが、Ethereumでアプリケーションを構築する際、投票の機能を作らずとも、このNEMの投票を利用することも可能です。

・ケース3:暗号通貨決済
Bitcoinを支払いに受け付ける店舗・Eコマースサイト等で、ETHやNEM(XEM)といったあらゆる通貨を決済として受け付けることが可能になります。店舗側は顧客増加が見込め、ユーザは取引所で交換する必要なく決済できるため、利便性向上が望めます。

パプリックブロックチェーン上のマスターアカウントと、プライベートブロックチェーン内部の勘定システムとの間でトークン残高をコントロールするソフトウェアであるCOMSA HUB(現在開発中)が完成した際、COMSA COREと連携しプライベートブロックチェーン同士の互換性を持つことも可能になります。

プライベートブロックチェーン製品「mijin」を利用し、最短工数で構築したプライベートブロックチェーン上からEthereumベースのプライベートブロックチェーンのスマートコントラクト機能を利用するといった応用も可能です。
これにより異なる企業トークン同士がそれぞれ独立したトークンエコノミー間で価値を交換・評価・裁定取引ができるようになります。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B