仮想通貨XRPの最新普及状況と展望|リップル社の最新報告書が公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨XRPの最新普及状況と展望|リップル社の最新報告書が公開
 

仮想通貨XRPの最新普及状況と展望|リップル社の最新報告書が公開

XRPがデジタルアセットとしての利用普及とその懸念点
リップル社は最新レポートにて、xRapidを含むリップルネット、デジタルアセットXRPの利用現状と展望を発表した。また同社の銀行部門責任者は現在仮想通貨分野の法的規制が明確でないため、xRapidは銀行に使用されていないと説明した。

世界各国の様々な金融機関がリップルネット参加リストに入っているが、一部有名企業を抜粋し以下のようになる。

さらに、米時間12月18日に行われた社内AMA質疑応答でCEOのGarlinghouse氏は、XRPおよびその他仮想通貨のことを「デジタル・アセット」とみなし、懸念されているXRPの有価証券問題に対し、複数の理由からXRPが証券でないことは明白であると回答した。

その最も大きな理由として、「リップル社が倒産しても、XRPは変わらず世界中の取引所で取引は依然と可能であり、リップル社がXRPエコシステムの一部でしかない」と発言した。

なお、xRapidを利用している仮想通貨取引所4社も述べ、Bitstamp、Bittrex、Bitso、coins.phとなる。

要するに、Garlinghouse氏は、xRapidを利用しているCatalystを通して、今後銀行からの利用も見込めるのではないかとポジティブに見ている。

他にも、2018において、サンタンデールとCoinOneのアプリが現在アジア、欧州、南アメリカに向けてリップルの技術でより便利な送金サービスを提供することができるようになってきている。世界規模で、数百万のユーザーがこのようなサービスから恩恵を受けている格好であるとも掲載されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B