ビットコイン先物取引予定のBakktの進捗、来年年始にCFTC委員の判断投票を予定か|WSJ報道

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン先物取引予定のBakktの進捗、来年年始にCFTC委員の判断投票を予定か|WSJ報道
 

ビットコイン先物取引予定のBakktの進捗、来年年始にCFTC委員の判断投票を予定か|WSJ報道

仮想通貨ビットコイン先物取引予定のBakktの進捗をWSJ報道
仮想通貨業界において重要視されているBakktのビットコイン先物取引に関する最新状況をWSJが報道した。2019年1月初旬にCFTCが投票を行うかもしれないと進捗を報じている。

当初、8月に発表されたBakktは複数の大手企業が提携し「現物決済ビットコイン先物取引」の提供を12月12日に開始すると10月に発表していた。

しかしその後、11月にICEが急遽2019年1月24日まで開始を延期すると発表。規制当局のCFTCとの認可プロセスを進めたり、顧客のオンボーディングや興味指数を高める事などを延期の理由だとCEOのKelly Loeffler氏は同社の公式ブログにて説明していた。

また機関投資家の資金流入が見込める材料として、米国で仮想通貨の規制状況に詳しい弁護士のJake Chervinsky氏はBakktについて「ビットコインETFと同等の重要性を持つ」と言及していた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B