仮想通貨基盤のブロックチェーンゲームで日本円が利用可能に、市場規模の急拡大も|上場企業モバイルファクトリー子会社

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨基盤のブロックチェーンゲームで日本円が利用可能に、市場規模の急拡大も|上場企業モバイルファクトリー子会社
 

仮想通貨基盤のブロックチェーンゲームで日本円が利用可能に、市場規模の急拡大も|上場企業モバイルファクトリー子会社

仮想通貨基盤のブロックチェーンゲームで日本円が利用可能に
上場企業モバイルファクトリー子会社が、ブロックチェーンゲームを日本円で利用可能な画期的なシステムを開発した。中小ゲーム会社参入を見込むとしており、将来的には大手ソシャゲメーカーの参入など市場規模拡大が期待される。

トランザクションが混雑していた場合には、Gas代が10倍に高騰したり、挙動が極端に重くなり、アイテム購入時など肝心なところで取引注文が通らないケースも散見され、イーサリアムブロックチェーンのスケーラビティ問題として様々な課題に直面していた。

最近話題の国産dAppsゲーム「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)」のように、サイドチェーン「LoomNetwork」を採用するなど、これらの問題改善に取り組み、一定の成功を収めた事例もあるが、業界としては黎明期の最中にあり、試行錯誤している段階だ。

ブロックチェーンのアプリ最大の課題として、円やドルなどの法定通貨に対応しておらず、仮想通貨イーサリアム(ETH)の購入や、METAMASKなどの専用ウォレット情報が必要になるなど、初心者には難しい部分があり、参入障壁の高さがネックとなってきた。

今回のサービス提供で日本円でも遊べるようにすることで、ユーザー数の裾野を広げる狙いがあるという。

そんな中、世界No.1のdAppsアプリでもDAU(デイリーアクティブユーザー)1000程度でありながら、その特質性から相当以上の収益性を生み出すこともあるブルーオーシャンは、メーカーから見ても魅力的であり、新たな収入源として中小のゲーム会社の参入を見込む。

dAppsゲームの特長として、既存のソシャゲと異なり、アイテムの発行数や所有権がブロックチェーンで担保される点も挙げられる。

今回発表されたシステムは、ビットファクトリーが手数料払いを代行することで、イーサリアムなどの仮想通貨を所有していないユーザーでも、日本円だけでアイテムを購入できるという利点がある。

従来は、日本の法律の問題もあり、日本円への対応は難しいのではないかと考えられてきたが、システムローンチにあたり、規制当局の承認を得ているものと思われることから、dApps業界にとっても極めて大きな一歩だと言えるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B