海外調査機関が報じた仮想通貨取引所の出来高水増し疑惑:bitFlyerとLiquid(QUOINE)は、データ上不正なし

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

海外調査機関が報じた仮想通貨取引所の出来高水増し疑惑:bitFlyerとLiquid(QUOINE)は、データ上不正なし
 

海外調査機関が報じた仮想通貨取引所の出来高水増し疑惑:bitFlyerとLiquid(QUOINE)は、データ上不正なし

仮想通貨取引所の出来高水増し疑惑:bitFlyerとLiquidは問題なし
海外のブロックチェーン調査機関BTIは、コインマーケットキャップ情報の多くは、仮装売買で水増しされ正確でないと指摘。bitFlyerとLiquidは、データ上で取引量が100%正しいことを証明した。
仮想売買(ウォッシュ・トレード)とは
売買が繁盛に行われていると他の投資家に誤解させ、取引を誘引することを目的として、同一人物が同じ時期に同じ価格で売買両方の注文を発注するといった、権利の移転を目的としない取引のこと。株式などの投資取引においては日本の金商法に違反する違法行為である。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

今回のデータ公表にあたり、過去3ヶ月に渡ってオーダーブックやボリュームデータポイントの分析、マーケットメイカーや取引監視コンサルタントなどの関係者から聞き取り調査を進め、コインマーケットキャップ(CMC)における、ビットコイン取引ペアに関する取引高TOP25の実数値を掲載した。

修正版の正しい数値とされる、BTIランキング4位に位置する「bitFlyer」の実際の取引高は”100%の一致”が確認できることから、水増し行為などの不正は認められない。

そのほか、米経済紙Forbesによると12月20日、取引所レーティングサイト「CRE」による別の調査で、韓国の大手仮想通貨取引所「Bithumb」が、今年8月頃から取引量を最大94%水増ししていたことが発覚。

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B