Bakktの仮想通貨ビットコイン先物取引の承認、再び延期か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Bakktの仮想通貨ビットコイン先物取引の承認、再び延期か
 

Bakktの仮想通貨ビットコイン先物取引の承認、再び延期か

重要ファンダメンタルズに影響|Bakktビットコイン先物取引開始日が2度目の延期か
海外メディアの情報筋によると、一度2019年1月24日までに延期していた米仮想通貨取引所Bakktのビットコインの先物取引開始が現在CFTCの審査に遅れが生じているため、再び延期となる可能性が高くなる。

今回2度目となる延期の主な要因は、米国トランプ政権が今年からクリスマス・イブ(24日)を連邦政府機関の休日にしたことである。

つまり、政府職員が休日に稼働しない限りは、コミッショナーが投票が直近で行われたとしても休日明けの12月26日となり、承認が出された後の30日間におけるパブリックコメント期間とその検閲にも数日かかることから、1月24日中の取引開始は、実現し難いと考えられる。

今年8月に発表され、本来は12月中に開始される予定であったBakktのビットコイン先物取引は、ニューヨーク証券取引所を運営するインターコンチネンタル取引所(ICE)が当プラットフォームを運営している為、仮想通貨界隈ではビットコインETFの申請認可同様に重要だと評価する声も多い。2度目の延期となっても、仮想通貨において依然重要度は高いままであるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B