ブロックチェーン業界での競争|IBMとIntelが主導権求める

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーン業界での競争|IBMとIntelが主導権求める
 

ブロックチェーン業界での競争|IBMとIntelが主導権求める

HyperLedgerから新たなプロジェクト開始
ブロックチェーンプロジェクトのHyperLedgerから新たなプロジェクト「Sawtoothサプライチェーン」が発表された。IntelやIBMといった大手企業がブロックチェーン技術を開発することは業界に注目を呼ぶ反面、一部ではHyperLedgerのオープンソースならではの中立性が損なわれることを危惧する声も。

今回はその中でもIntelの開発してるHyperledger Sawtoothから大きな進展が見られた。

暫定の名称だが、Sawtoothをフレームワークとした「Sawtoothサプライチェーン」がアプリケーション層のソフトウェアを開発しており、これはHyperLedgerとしては初めての試みである格好だ。

また、HyperLedgerの技術運営委員会(TSC)は11人で構成されており、そのうちの9人が「Sawtoothサプライチェーン」プロジェクトを承認。これに伴いコミュニテイーサポート、マーケティング、セキュリティレビューの支援などを受けることができる。

IBMが開発を手がけるHyperledger Fabric(ファブリック)もこれに先立ちサプライチェーンが開発されている。こちらはオープンソースをベース(下位層)にしたものであり、使用する企業団体にカスタマイズは一任されている。

例えば食品追跡のNow-Liveサプライチェーンは世界最大のスーパーマケットWalmartの仕様でIBMによって開発されている。

Cargillの支援によりプロジェクトの開発は加速し、他のHyperLedgerのプロジェクトより一歩先を行くことになる。これらの開発により、IntelはIBMが開発しているFood Trustサプライチェーンの競合となり得る可能性が見られている。

しかし、それと同時にHyperLedgerの理念であるオープンソースに対しての疑問の声も上がっている。IBMはHyperLedgerを使ったアプリレベルの提供はHyperLedgerがオープンソースに対する中立的な立場を覆すものだと主張する一方、対照的に競争の抑制力になると唱える声もある。

TSCメンバーの一人でIBM関係者のChris Ferris氏は「Sawtoothサプライチェーン」がHyperLedgerの目的と在り方についての懸念をIBM代表としてではなく独自の見解を次のように述べた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B