仮想通貨イーサリアム関連企業ConsenSysのCEO、「イーサリアムの将来性に楽観的」|ETHの強気相場にも注目

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨イーサリアム関連企業ConsenSysのCEO、「イーサリアムの将来性に楽観的」|ETHの強気相場にも注目
 

仮想通貨イーサリアム関連企業ConsenSysのCEO、「イーサリアムの将来性に楽観的」|ETHの強気相場にも注目

イーサリアムとそのエコシステムの将来について楽観的な理由
仮想通貨イーサリアム関連企業ConsenSysのCEOは、2018年の仮想通貨の底打ちを表明。2019年初頭の実用化を目途に現在開発中のイーサリアム・プロトコルに大きな期待をかけている

Consensysは大量解雇か

以前に従業員の13%を解雇する意向を表明したConsensysは、「ConsenSys 2.0」と称し、パフォーマンス評価基準の厳格化や監視強化の実施を通し、より集中的で競争力の高い企業へと成長を遂げることを改革の目的でさらなる解雇検討中ということが話題となっているが、不確実である模様。

具体的には、収益またはROI(投資利益率)、イーサリアムのエコシステムへの利益、ソーシャルグッドという3つの指標に基づいてパフォーマンスを評価し、業績の芳しくないプロジェクトを排除し、明確な価値の創造を図る。

同社の創設者Joseph Lubin氏は12月3日、「ConsenSys 2.0」の役割についてBREAKERに以下のように語っていた。

しかし、更新されたBreakerの報道
では全従業員1200人の50~60%が解雇される可能性は低いという。

Lubin氏は、ConsenSys 2.0に対する、警戒心や優越論、歓喜といった反応を「典型的」と形容し、「ジャーナリストやブロガーは実際のデータを知らず、大したの洞察力や理解力もない」という状況が、「桁外れの推測と先制的な妄想」を引き起こしていると辛辣な批判をした。

リストラに関しては、「我々は外部プロジェクトへの投資を継続しており、将来を見据えたビジネスの中核を成す内部プロジェクトの採用を続けている」とし、単なる人員解雇ではなく、さらなる成長に不可欠な編成である点を強調した。

同氏は嵐のような連続ツイートの中で、イーサリアム基盤のプロジェクトの展望についても触れている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B