アラブ首長国連邦(UAE)は仮想通貨関連法を整備して世界の証券セクターの最前線を目指す

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

アラブ首長国連邦(UAE)は仮想通貨関連法を整備して世界の証券セクターの最前線を目指す

アラブ首長国連邦(UAE)は仮想通貨関連法を整備して世界の証券セクターの最前線を目指す

アラブ首長国連邦(UAE)は、2019年半ばまでにICO(イニシャル・コイン・オファリング)の標準化を目的とした規制の制定を予定しており、ブロックチェーン関連ビジネスの主要な目的地の一つに加わることを目指しています。24日、アラブメディアThe Nationalが報じました。

アラブ首長国連邦は最近、ICOの新たな法的枠組みを発表し、仮想通貨の規制の可能性について示唆しました。業界の専門家たちは、マルタやジブラルタルのような仮想通貨に友好的な国に、UAEが加わる可能性があると考えています。

また、この地域で最も急成長している金融の中心地である、アブダビグローバルマーケットやドバイ国際金融センターは、どちらも2019年に「仮想通貨取引所法」を導入することに熱心です。

ブロックチェーン主導の投資プログラム、リブラプロジェクトのCEO、ハンス・フランクリン氏は、UAEが「ICO分野の世界的リーダーになる上で、最適なポジションにある。彼らが計画を達成すれば、この急成長している世界の証券セクターの最前線となる」と語った。ハンス氏はまた、同国のICOに対する態度を考慮すると、トークン化されたスタートアップにとって最も有望な規制管轄になると信じている。

ロンドンの資産運用会社エテルナキャピタルのCEOアンドレア・ボナセト氏は、アラブ首長国連邦が「ICOを規制しようとしている最初の管轄区域の1つであり、業界の最先端となる」と考えています。

「金融インフラを積極的にモダナイズし続ける政府の努力により、アラブ首長国連邦は2019年にICOを誘致し、ブロックチェーン関連の投資を行う上で、競争力の高い場所になるでしょう。」

しかし両者は、UAEが自国の暗号産業の持続可能な未来を確保するために、UAEの開発者と投資家を育成しなければならないと考えています。最近では、コンセンシス・アカデミーなどのプログラムを昨年ドバイで卒業した最初のクラスのブロックチェーン開発者に向けて、いくつかの取り組みが行われています。

UAEの金融規制当局は12月中旬、ICOに関する新しい方針が2019年初頭に導入されることを明らかにしました。市場を監督、監視する、UAE証券・商品. 委員会(SCA)は、ICOを証券として承認しておりアブダビ証券取引所およびドバイ金融市場と協力して、ICOトークン取引のためのプラットフォームを開発する予定です。

最近のICOの不調もまた、暗号業界にとって懸念されます。仮想通貨市場の世界的格付け機関であるICO Ratingによると、2018年Q1(1月ー3月)には412のプロジェクトを通じて33億ドル(3兆6433億円)の資金が調達されました。UAE証券・商品. 委員会のCEO Obaid Al Zaab氏は先週、「ICOは中小企業に資金を提供する機会であり、伝統的な手段から離れた新しいクラウドファンディングの方法である」と語りました。

同時に、UAEは国レベルで、いくつかの仮想通貨プロジェクトとブロックチェーンプロジェクトも開発しています。例えば、UAEはサウジアラビアと提携して、国際送金を目的とした銀行間の仮想通貨を開発しています。

関連

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B