バイナンスがリップル(XRP)基軸ペアを2つ開設、トロン、ゼットコインとの取引が可能に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バイナンスがリップル(XRP)基軸ペアを2つ開設、トロン、ゼットコインとの取引が可能に

バイナンスがリップル(XRP)基軸ペアを2つ開設、トロン、ゼットコインとの取引が可能に

24日、バイナンスは、リップル(XRP)を基軸通貨とした市場を2つ設置する事を発表しました。12月24日11:00(UTC)、日本時間24日20時頃、TRX/XRPとXZC/XRPの2つの市場が設置されます。ユーザーは、リップルと、トロン(TRX)あるいはゼットコイン(XZC)を取引できるようになります。

バイナンスCEOのジャオ・チャンポン(CZ)氏は、リップルの2つの市場を上場すること、そして従来のイーサリアム(ETH)市場を「ALTS」にリネームする事を表明しています。

11月にCZ氏はツイッターで、XRPファンに向けて、あるツイートにリプライするように伝えました。

「XRPのベースシルズは強烈です。集約して、この1つのツイートの下にすべてのシルズを載せてください。どれくらい集まるか見てみたい。」

リップルを支持する投資家により、現時点にこのツイートへのリプライは3423件に上っています。今回のリップル基軸ペアの追加は、こうしたファンの期待に応えた、CZ氏なりの熱いクリスマス・サプライズと考えられます。

バイナンスの発表を受けて、仮想通貨リップルの取引量と価格は急増。発表から2時間後の時点でリップルは1XRP=47.39円前日比15.61%増、過去24時間取引量は1211億円で前日比68%増加しています。

今月、バイナンスは従来のテザー(USDT)市場を廃止して、複数のステーブルコインを集約した「USDⓈMarket」市場を設置しました。

今後イーサリアム(ETH)市場を廃止して、「ALTS」市場を設置する上で、バイナンスはリップル以外にも追加の基軸通貨をサポートする旨を表明しています。しかし、リップル(XRP)は最初に2つのペアが開設されます。今後、ますます取引コインが増えることで、基軸通貨としての地位が確立すれば、さらなる流動性を確保できると考えられます。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B