マイニング大手Bitmainの情報筋が進行形のレイオフを認めるも採用は継続ーコインデスク報道

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マイニング大手Bitmainの情報筋が進行形のレイオフを認めるも採用は継続ーコインデスク報道

マイニング大手Bitmainの情報筋が進行形のレイオフを認めるも採用は継続ーコインデスク報道

北京を本拠とする仮想通貨マイニング大手Bitmain(ビットメイン)は、香港証券取引所に上場申請してから数ヶ月後となる現在、中国本部で事業再編を図っているという。火曜日、Bitmain社の匿名ソースはコインデスクに認めました:

「私たちは長期的で持続可能でスケーラブルなビジネスを構築し続けてる中で、人員を調整しました。補助的なものではなく、ミッションの中核をなすものにフォーカスする必要があります。」

同社の人員削減についての最初の報道は、中国版のリンクトインに当たるメディアMaimaiで明らかにされました。匿名ユーザーが12月17日に、Bitmainでレイオフ(一時解雇)の可能性について内部情報を得たか確認するための、スレッドを投稿しました。200件近くの回答が寄せられ、一部が12月24日週からレイオフが始まると示唆しています。

「そのとおりです。レイオフは来週開始され、全体のBitmainの人員の50%以上が関与します。」Maimaiで認証されたBitmainスタッフの1人が、スレッドに回答した。別のスタッフは「一部の部門は完全に解体する必要がある。」と答えている。

今週、複数のBitmainスタッフはMaimai上で、それぞれの解雇補償手当を議論しています。ある匿名のBitmainの中国のオフィスのスタッフはコインデスクに対し、同社で本当に現在レイオフを受けていると認めました。

しかしコインデスクのソースによれば、これは進行中のプロセスであり、現状で何名が影響を受けるかは定かではなく、50%のレイオフの噂を確認できないと述べています;

「1日ですべて処理することはできないため、全体の数字は大きくなる可能性がある。これは事業運営上の調整です。一部のプロジェクトは完全に解体するので、現段階で正確なパーセンテージを算出するのは困難です。」

この調整は、旗艦事業のマイニングマシン製造を含む、実質的にすべてのBitmainの事業ユニットに影響を及ぼすという。:

「どの部門が最も業績が悪化しているか推測するのは難しくありません。Bitmainのコアビジネスはマイニングマシンの製造です。副次的な事業分野には、ブロックチェーンと人工知能があります。マイニングマシンの事業分野にも調整があります。会社全体としては、冗長性を削減して、運用効率を上げることになるだろう。」

最近、Bitmainはイスラエルの開発拠点を閉鎖すると報じられました。情報筋によれば、仮想通貨市場の縮小にかかわらず、今年ビットメインは急激に拡大していたため、今回のような調整は避けられないと述べています。

「現在、Bitmainの従業員数は約3,100人。9月のIPO目論見書に開示される人数より数百人増加しています。今年の初めには約1,000人しかいなかったため、成長率にすると2〜3倍になる。一部の事業分野では、成長率は3倍以上になるだろう。」

レイオフにもかかわらず、Bitmainは依然として採用中であるという。「新年に入っても、多様な経歴を持つ最高の人材を引き続き精力的に採用します。」とソースは語っています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B