海外の大手取引所2社、STルールでハイリスクと判断した数十種類の仮想通貨を「上場廃止」へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

海外の大手取引所2社、STルールでハイリスクと判断した数十種類の仮想通貨を「上場廃止」へ
 

海外の大手取引所2社、STルールでハイリスクと判断した数十種類の仮想通貨を「上場廃止」へ

KucoinとHuobiが流動性の低い仮想通貨を上場廃止
海外の大手仮想通貨取引所KuCoinとHuobiが、プロジェクトの破綻リスクなどが存在する、流動性の低いアルトコイン数十種類について、上場廃止対象として公表した。対象コインは、「STルール」に則って精査する。

主な理由は、流動性と取引ボリュームの低さだが、仮想通貨市場の低迷がアルトコインに影響していることを物語っている。

取引所各社は、自社の「STルール」に則って上場廃止トークンを選定している。

STルール(特別対応基準)とは
STルール(special treatment rule)とは、各取引所が上場基準に満たないトークンを特定の期間監視し、改善が見られない場合は上場廃止するなど、各社が独自に設定している基準である。代表的な項目として下記が挙げられる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

300種類以上のトークンを取引する「Kucoin」は、より優れた投資環境を提供する観点から、bitclave(CAT)、wepower(WPR)、ETHlend(LEND)などの10銘柄の上場廃止を決定したと発表した。

今年に入って多くのアルトコインが最高値から90%以上下落し、流動性を保つのが非常に困難になっている。

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B