クウェート国立銀行(NBK)がRipple(リップル)社「xCurrent」ベースの送金を稼働

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

クウェート国立銀行(NBK)がRipple(リップル)社「xCurrent」ベースの送金を稼働

クウェート国立銀行(NBK)がRipple(リップル)社「xCurrent」ベースの送金を稼働

26日、クウェート国立銀行(NBK)は、RippleNet(リップルネット)に基づいた送金サービス「NBKダイレクトレミット」を稼働した事を発表しました。このサービスは、NBKオンラインバンキングのアクセス権を持つ全ての顧客による、ヨルダン間の送金で利用可能だという。

このサービスを使用する顧客は、クウェートで最初に導入されたRipple技術により、安全で信頼性の高い安価な送金サービスを享受できます。公式サイトによると、NBKのオンラインバンキングサービスは年中無休で利用でき、人々が自宅、職場、外出先にかかわらず、送金活動を容易にします。

最初のフェーズでは、ヨルダンの顧客にサービスが開かれています。NBK-ヨルダン間の直接送金は1回の取引につき1KD(クウェイトディナール)約365円。ヨルダンの他の銀行への直接送金は1回につき5KD、約1825円です。シームレスなサービスは即時かつ安価であり、送金業界の長年の問題を解決します。

今年5月、中東最大の銀行の1つであるクウェート国立銀行(NBK)は、リップル社との提携を発表し、支払いソリューションに、xCurrentを導入する意向を表明しました。

米国のRipple社が設計したペイメントソリューション「xCurrent」は、エンドツーエンドの追跡とコミュニケーションを使用して、シームレスかつ即時にクロスボーダーペイメントを実行できます。

11月に、Ripple社のインフラ・イノベーション国際責任者Dilip Rao氏は、ドバイで開催された「グローバルイスラム経済サミット」でRippleの中東進出計画について語っていました。

Rao氏は「世界中の200以上の機関」に加えてRipple社が「中東の多くの機関」と契約していると語りました。同社の顧客には、サウジアラビア最大のイスラム銀行ラージヒー(Al Rajhi)とクウェート・ファイナンス・ハウス(KFH)が含まれます。Ripple社は中東を、「最も急速に成長する可能性を持つ市場」と見ており、ドバイにオフィスを構える計画を公表しました。

クウェートに60以上の支店を持つNBKは、国内で最大規模の支店ネットワークを持つ銀行として、さまざまなエリアの顧客にサービスを提供しています。

クウェート国立銀行(NBK)は、国際格付け市場の9割を占めるムーディーズ、フィッチ、S&Pの3つの評価機関から最高位を継続的に獲得しています。

NBKグループは、世界4大陸で銀行業務を展開しています。NBKの国際的プレゼンスは、ロンドン、パリ、ジュネーブ、ニューヨーク、シンガポール、中国(上海)など世界有数の金融センターに及びます。一方、湾岸地域では、サウジアラビア、UAE、バーレーン、レバノン、エジプト、ヨルダン、イラク、トルコでサービスを提供しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B