世界最大手国際決済ビザ、リップルネット加入の英グローバル決済会社Earthportを約278億円で買収

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

世界最大手国際決済ビザ、リップルネット加入の英グローバル決済会社Earthportを約278億円で買収
 

世界最大手国際決済ビザ、リップルネット加入の英グローバル決済会社Earthportを約278億円で買収

ビザが英グローバル決済会社Earthportを約278億円で買収
米クレジットカード大手のVisa Inc.と、英ロンドンに本拠を置くグローバル決済会社、Earthport PLC は、1億9800万ポンド(277億7742万円)の評価額で、ビザがEarthportを買収する契約に合意した。特筆すべきはEarthportが2014年12月に米リップル社と提携を表明しており、分散台帳技術を一部決済に利用している点である。

買収のニュースが報道された木曜日、Earthport株はロンドン株式市場で急騰し、ビザの提示価格とほぼ一致する28.20ペンス (39.6円)で引けた。

買収先のEarthport社、取締役会は、ビザの提案は「公正かつ合理的」であり、全額現金での買収を受け入れるよう、株主に推奨するという合意に達している。また、既にEarthport社の大口株主の17%以上が買収を受け入れると表明しているという。

大口株主の中には米投資銀行のOppenheimerやOFI Global Institutionalが含まれている。

Earthport社は1997年に設立され、単独のAPIを使用することで、国境を越えるお金の移動を合理化するとともに、65か国を超える、各国の提携銀行を通じて現地通貨での資金決済を提供している。Earthport社のグローバル決済ネットワークには、 Bank of America Merril Lynch, ゆうちょ銀行、Hyperwallet、Transferwise、 WorldRemitなどの主要金融機関や国際送金会社、決済会社が名を連ねている。

また、同社はイギリスの金融行動監督機構(FCA)に認可を受けた金融機関であり、イギリスの法律では、銀行と同等の規制およびコンプライアンスへの準拠が要求される。

Earthport社の国際決済サービスを支える技術面で特筆すべきは、2014年12月に米Ripple社と提携し、2015年から順次、段階的に導入されてきた分散元帳技術によるリアルタイムの支払い機能がある点だ。

また、すべてのサービスが法定通貨で行えるため、金融機関側の最先端テクノロジーへの参入障壁も低くなるという利点がある。

Earthport社のサービスを利用することで、銀行側は一つの送金会社のみを窓口にすることが可能になり、従来の煩雑な国際送金及び決済システムに代わる低コストの送金が可能になると期待されている。

一方、ビザは、2018会計年度における二か国間以上の国際決済が、10%の伸びを示していると述べており、今回の買収は、これからの成長分野を考慮したものであるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B