元IMFエコノミストのマーク・ダウ氏「ビットコイン(BTC)が200日移動平均線の約357,280円を越えたら“要注意”」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

元IMFエコノミストのマーク・ダウ氏「ビットコイン(BTC)が200日移動平均線の約357,280円を越えたら“要注意”」

元IMFエコノミストのマーク・ダウ氏「ビットコイン(BTC)が200日移動平均線の約357,280円を越えたら“要注意”」

ビットコイン(BTC)を過去最高値19,500ドルから3,500ドルまでショートしたトレーダー、マーク・ダウ(Mark Dow)氏は、短期的に5000ドルから6,000ドル(約66万円)のレンジへ推移せず、仮に黄色(200日移動平均線)のライン3,190ドル(約357,280円)を下にブレイクした場合は、Hodler(ガチホ)勢でも緊急離脱を検討する必要があると指摘しました。

先週、ビットコイン(BTC)の1年間のショートポジションを閉じた事で話題となったDow氏は、BTCは大きな抵抗線を上にブレイクする必要があり、それができない場合にさらに価格が下がる可能性があると述べた。

クリスマス前後に、ビットコインの価格が4,300ドルまで急上昇したため、一部のトレーダーはビットコインの短期的なトレンド転換に期待を寄せました。しかし、仮想通貨業界のアナリストたちの大半は、ビットコインは依然として弱気市場にあると見ています。

市場規模は、12月上旬の1,000億ドル(約11兆円)から1260億ドルへと260億ドル(約2兆9100億円)追加されました。それでも、11月の水準である約2100億ドルに達するには、さらに65パーセント増やす必要があります。

現在、市場の1日当たりの取引量は、前週から50億ドル減少して約150億ドル(1兆6800億円)で推移しています。取引活動はクリスマスイブにピークを迎えました。ビットコインの週次取引量は12月17日から12月23日の週に465億ドル(約5兆2080億円)、イーサリアムは1850億ドル(約20兆720億円)に増加しました。これは5月上旬以来の水準でした。

しかし、年末が近づくにつれて市場の取引量は停滞すると予想されています。クリスマスに価格が下落したことを受けて、仮想通貨テクニカルアナリストは、市場の底がまだ確立されておらず、弱気相場の最終段階にビットコインが2,000ドル(22万円)まで下落する可能性を指摘しました。

5000ドル(55万円)を超えるブレークの可能性もまだ残されています。多くの仮想通貨が低価格帯で極端なボラティリティを示しています。しかし同時に、下振れを続ける可能性もあります。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B