ビットコイン価格と金やVIX指数との相関係数が上昇|直近5日間の仮想通貨と一般資産との高い連動性をWSJが指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン価格と金やVIX指数との相関係数が上昇|直近5日間の仮想通貨と一般資産との高い連動性をWSJが指摘
 

ビットコイン価格と金やVIX指数との相関係数が上昇|直近5日間の仮想通貨と一般資産との高い連動性をWSJが指摘

ビットコインと金やVIX指数の相関係数が高まる
米WSJ紙は直近5日間でビットコイン価格と金、VIX指数との相関性が高かったと分析データを発表。その要因として、伝統的な投資家の投資資金の本格的な流入が始まっており、仮想通貨は一般的な資産クラスと同様な値動きをとる傾向が増えると予想を展開した。

WSJ紙は調査会社であるExcalibur Pro社のデータを用いて分析を行い、過去5日間でビットコインと金の価格が高い相関性を持っていることを突き詰めた。

同紙の取り上げた分析によれば、直近5日間でビットコインと金は高い相関性を示す0.84という数値を記録している。また金以外でも、米国株式市場の指標とも一定の相関が見られたという

直近の米国株式市場では、来年の景気見通しに対する懸念などに起因して乱高下が続いているが、ビットコインをはじめとする主要仮想通貨もこれらの影響を大きく受けている格好だ。

直近10年間では、各中央銀行が金利を下げ、グローバル市場に多くの資金を流入させた。そのため、投資家の中には株や債券といった従来の資産(アセット)クラスだけではなく、新たな資産である仮想通貨のような高リスク資産にも積極的に投資を行うリスクテイカーも多く存在する。

同紙は、機関投資家の資金が仮想通貨市場に流入した一例として、Grayscale Investments社の店頭販売型のファンドであるBitcoin Investment Trustを挙げている。2013年にリリースされ5100万ドル(約56.2億円)の資金を集めたこのファンドは、その後、2017年の仮想通貨ブームに沿って、35億ドル(約3860億円)規模にまで成長している。

また、今後の展開としては、これまでに報じられて来たようにNYSEの親企業であるICEが手がける仮想通貨取引所Bakktのリリースや、大手資産運用会社フィデリティ、ナスダックといった大手企業の仮想通貨業界参入などが、機関投資家の資金を取り入れる呼び水となることが期待されている。

仮想通貨市場に多くの投資家資金が流入することは、仮想通貨の発展においても非常に好ましいことだ。しかし、そのような資金を誘致するためには、規制の環境が万全に整った取引所の整備や、ビットコインETFなどの承認といった大きな課題も克服する必要がある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B