GMOに続きDMMも 金沢の仮想通貨マイニング事業から撤退へ|東洋経済が報道

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

GMOに続きDMMも 金沢の仮想通貨マイニング事業から撤退へ|東洋経済が報道
 

GMOに続きDMMも 金沢の仮想通貨マイニング事業から撤退へ|東洋経済が報道

DMMが金沢大規模マイニングファームで運用を始めたマイニング事業から撤退
DMM Bitcoinなど仮想通貨取引所展開も行うDMM.comが、2018年2月から金沢で大規模マイニングファームの運用を始めたマイニング事業から撤退する事になるようだ。東洋経済が取材内容を報じた事で明らかになった。

マイニング事業関連の動きとしては、先日GMOがマイニング事業に関連する事業用資産の簿価の全額を回収することは困難であると判断し、特別損失を計上。マイニングマシンの開発・製造・販売事業の開発・製造・販売を中止、また自社マイニング事業に関しても統括法人として継続するも収益構造を再構築すると発表したばかりだった。

DMM.comは、2017年9月に仮想通貨事業部を発足、今年2月に石川県金沢市に開設していた。

当初の狙いとして、仮想通貨のマイニングファームというマシンが大量に動く非日常的な部分を体験してもらえる見学できるショールーム的なマイニングファームを目指していたという。

実際に収益性に関しても、同様に東洋経済の取材にてDMM仮想通貨事業部長のの川本栄介氏は以下のように語っていた。(2018/03/02)

しかし、DMMが金沢で事業を開始した2018年2月から仮想通貨市場全体で右肩下がりの相場を継続、一方で収益性に直結するハッシュレートは右肩上がりに上昇していた。要するに収益源となる採掘コインの価格が低下(リターン低下)する一方で、マイニングをする難易度(競争率)が上昇していたことになる。

大部分のファームで一時的にROI(投資に対するリターン)が見合わなくなったマイニング事業だが、DMMは投資コストの部分で重要な電力代が比較的高い日本でファームの運営を行なっていた事から、よりその影響を大きく受けた事が予想される。

今後デフィカルティの低下や通貨価格の回復などで、再度収益性が出てくる事は予想されるものの、コスト面で厳しい状況は今後も激化するマイニング業界において厳しいと考えた上で、日本のファーム撤退に至ったのではないだろうか。

2018年後半の世界のマイニング業界の状況を、以下に簡単にまとめた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B