イーサリアム共同設立者「信用ではなく真実が必要だ」|Web3.0、Polkadotの構想を語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム共同設立者「信用ではなく真実が必要だ」|Web3.0、Polkadotの構想を語る
 

イーサリアム共同設立者「信用ではなく真実が必要だ」|Web3.0、Polkadotの構想を語る

ギャビン・ウッド氏への取材第二弾
今記事は、以前投稿したギャビン・ウッド氏への取材の後編となる。今回は現在同氏が取り組んでいるWeb3.0やPolkadotなどのプロジェクトが主題となっている。同氏が、Web3.0、Polkadotプロジェクトに抱く想い、構想を伺った。

構想としては、イノベーションを進めるためにデザインされた新しいプラットフォームの完成です。

私はいつもイーサリアムをイノベーションの起爆剤として捉え、高レイヤー開発者が、関係のないコーディングをせずにアイデアを簡単に実現できるプラットフォームの作成を目的としていました。

なので、4年ほど前に私たちはイーサリアムが便利である理由として、イーサリアムのプラットフォームを使い、たった5行のコードで作り上げられたNamecoinを例に取り上げていました。

その点のビジョンは全く変わらず、Polkadotもイノベーション・エンジンとして見ています。

そのイノベーション・エンジンというのは、独創的な開発チームがコードを書き、創造性を発揮し、作り上げたものをデプロイできて、なおかつ、今までにない速さや、容易さを兼ね備えたプラットフォームといったものです。

もちろん細かな点は、たくさん変わっています。

また、新しいコンセンサス・アルゴリズムを利用する可能性もあります。

よく挙げられる問題としては、スケーラビリティ問題。それに、より高速なトランザクション処理や、小さなデバイスでチェーンを維持し、利用できる能力を備えた軽量クライエントの必要性などがあります。

それだけではなく、新たなアップグレードや、システム上のパッチの問題、バグの修復などを決定するガバナンスの課題も抱えています。

PoAの登場や、仮想通貨の価格低迷の影響により有数なマイニング業者のみが生き残る傾向など、完全な分散化に限界が見えていると思いますが、その点をどう思いますか。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B