フオビがイオス(EOS)基軸の新たな仮想通貨取引所を計画、またフオビ・チェーンのWPをリリース

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フオビがイオス(EOS)基軸の新たな仮想通貨取引所を計画、またフオビ・チェーンのWPをリリース

フオビがイオス(EOS)基軸の新たな仮想通貨取引所を計画、またフオビ・チェーンのWPをリリース

29日、仮想通貨取引所フオビは、2019年の第1四半期にイオス(EOS)専用の取引所を開設する事をPRで発表しました。ユーザーに他の多くの仮想通貨に対してイオス(EOS)の売買を可能にする新しい取引所は、フオビ・グループの仮想通貨マイニング部門フオビ・プールが手掛けるという。

イオス(EOS)が採用するコンセンサス手法、委任されたプル―フ・オブ・ステークス(DPoS)において21のスーパーノードがブロックを承認する。この過程で世界中の個人や組織が意思決定プロセスで共同作業し、共有することを可能にしている。フオビは5つのEOSノードを管理していると言われています。

フオビ・プールのCEOであるCao Fei氏は以下のように述べています;

「EOSスーパーノードとして、フオビプールはそのエコシステム開発を優先事項のリストの中で最も高く評価しています。EOS取引所の開設は、私たちのサポートにおける次の論理的なステップです。」

リリースによると、フオビ・プールは、今年初めの事業開始以来、イオス・コミュニティと緊密に協力してきた。2018年に、EOSベースのプロジェクトがテストできるテストチェーン「Crypto Kylin Testnet」の構築で他のブロックプロデューサーと協力した。また、イオス保有者のための投票プラットフォームを開発し、保有者がノード選挙をより把握しやすくする目的でイオス・コミュニティを設立しました。

29日、フオビ・グループは独自のパブリックブロックチェーン「フオビ・チェーン」の英語版ホワイトペーパーをリリースしました。

フオビ・グローバルのCEOであるLivio Weng氏は以下のように述べています;
「フオビ・チェーンがローンチされると、セキュリティ、透明性、迅速性、スケーラビリティ、およびスマートコントラクト機能など、さまざまなメリットをユーザーに提供します。」

フオビのプロジェクトチームと業界の専門家によって構築中のフオビ・チェーンは、コンセンサスメカニズムにBFT-DPoS(ビザンチンフォールトトレランス-委任されたプルーフオブステーク)を採用する。

フオビ・チェーンは、安全性と安定を確実にするために構築されており、厳格なセキュリティ監査とテストが行われる予定。デュアルチェーン機能を採用し、高速で高頻度のトランザクションに対応する事で、ビジネスや金融契約などの複雑なアプリケーションをサポートする設計だ。また、効果的なガバナンスを採用しオンチェーンとオフチェーンの両方の要素を伴う模様。

フオビ・チェーンは、2019年に大きな進歩を遂げると予想される。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B