ネオ(NEO)版ステーブルコイン「SDUSD」がローンチ、シンガポールの取引所Switcheoに上場

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ネオ(NEO)版ステーブルコイン「SDUSD」がローンチ、シンガポールの取引所Switcheoに上場

ネオ(NEO)版ステーブルコイン「SDUSD」がローンチ、シンガポールの取引所Switcheoに上場

27日、シンガポールの仮想通貨取引所Switcheo(スウィッチオ)は、Alchemist(アルケミント)のステーブルコイン「SDUSD」のローンチと、そのサポートを発表しました。SwitcheoでNEO / SDUSDペアは12月27日から利用可能になっています。NEOブロックチェーン上で発行される米ドルペッグコインSDUSDは、その発行量に対して1:1の米ドルの価値を担保するに十分なネオ(NEO)がNEOスマートコントラクトにロックされます。

26日にAlchemintは、NEOのパブリックチェーン上でステーブルコイン発行サービスをローンチしていました。

Switcheoは、既にSDUSDコイン市場を設置しており、現時点でネオ(NEO)は唯一のペアとなっています。Switcheoは、NEOブロックチェーンを利用した最初の分散型エクスチェンジ(DEX)とされています。現在は、イーサリアム、NEO、GAS、ネイティブコインSWTHの基軸市場が設置されており、SDUSDはこれに加わる5つ目の市場です。

Switcheoは、複数のブロックチェーンネットワーク間でクロスチェーン・スワップ機能を提供する、DEXネットワークの構築を目指しています。同社の目標は、分散型プラットフォーム上で、信頼と透明性を備えたワールドクラスの取引経験を提供することです。

Alchemintは、NEOのパブリックチェーンを利用した仮想通貨の安定化システムです。米ドルにペッグされたSDUSDトークンは12月上旬の予定から遅れ、27日にデビューしました。Alchemintは、オープンで堅牢、透明なステーブルコイン発行システムの提供を目指しています。

Alchemintで、ユーザーは自身のNEOを担保に、デジタル資産SDUSDを借り入れる。スマートコントラクトを介してプロセスと担保価値は管理されます。発行者がSDUSDを返還する際、手数料として年率2%を支払う。これは、暗号貸付の利子と見なされます。平均的なクリプトローンの7%以上の利子と比較すると、Alchemintプラットフォームはよりコスト効率の良い貸付方法を提供しています。

最近シンガポールの暗号市場は発展している。12月、シンガポール金融管理局(MAS)は、ローカル市場の関心を高めるため、スタートアップ向けに「ICOガイドライン」を更新しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B