ビットコイン相場は年初から厳しい状況に 下落要因を最新状況から探る|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン相場は年初から厳しい状況に 下落要因を最新状況から探る|仮想通貨市況
 

ビットコイン相場は年初から厳しい状況に 下落要因を最新状況から探る|仮想通貨市況

仮想通貨市況
2019年という新たな年の幕開けも、ビットコイン相場は厳しい状況に置かれている。今回はBakktの発表内容と、マイニングデフィカルティ調整による相場への影響を考察。

ビットコインは1月1日、日本時間午前4時半付近でに約1円幅の下落を記録し、30日以降年末年始と相場が続落している。

ビットコインは前日比2.7%安になっているほか、アルトコインも軒並みマイナスの全面安相場となり、2019年開始から厳しい相場が続いている。今回は下落を後押しした要因と懸念点、また現在の相場データを掲載する。

Bakktは、世界最大級株式市場であるニューヨーク証券取引所の運営を行うインターコンチネンタル取引所(ICE)が発表したもので、8月3日に発表された仮想通貨取引所Bakktはマイクロソフト、スターバックス、ボストンコンサルティングなどの有名企業と共にICEの仮想通貨市場参入を意味する今年初めの重要なニュースになっているものだ。

発表によると、計12のパートナー企業と巨額投資者から、1億8250万ドル(≒200億円)を調達したという。

出資企業の中から、同社の親企業ICEやMicrosoftのVC部門、著名仮想通貨ファンドPantera CapitalやGalaxy Digitalなどが挙げられている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B