インド政府が回答文書を発行、「省庁間委員会で仮想通貨を調査している」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

インド政府が回答文書を発行、「省庁間委員会で仮想通貨を調査している」

インド政府が回答文書を発行、「省庁間委員会で仮想通貨を調査している」

12月28日、インドの下院議員Lok Sabha氏による仮想通貨規制に関する質問に対し、インド政府は付けで回答文書を発行した。この文書は、インド政府が仮想通貨の合法化を検討するという、匿名の政府高官をソースとした報道後に発行された。

文書によると、インド政府は暗号ビジネスのライセンス付与、及び仮想通貨合法化に関する規制枠組みを調査する委員会を設置した。その対象には政府発行の仮想通貨も含まれる。しかし、国の具体的な決定に関するスケジュールは、いまだ不明確だと述べています。

経済省のSecretary of StateであるShri Pon Radhakrishnan氏によると、仮想通貨の技術的に実行可能な解決策を開発できるかどうか、慎重に問題を追求しているという。

“a)政府は仮想通貨を法定通貨として認識していません。仮想通貨の取引を許可する問題は、現在、省庁間委員会(IMC)で検討中です。”

インドが設置した省庁間委員会(IMC)は、ビットコインを含む仮想通貨のあらゆる側面を研究するために、関係省庁の代表者を集め、経済部の秘書室長の下に組織されている。委員会は、MeitY(IT省)、RBI(中央銀行)、SEBI’証券取引委員会)およびCBDT(国税)の代表により、仮想号通貨を規制するための枠組みの開発に取り組んでいるという。

“b)世界的に受け入れられるソリューションと、技術的に実行可能な解決策を考案する必要性がない場合、省庁は十分な注意を伴って問題を追求し続ける(禁止され続ける)。“

Radhakrishnan大臣は、ビットコインやその他の仮想通貨に関する、エンティティや企業による取り扱い、及びビジネスライセンスについて、いかなる決定もなされていないことを明記している。

“e)経済部の秘書室長の下にある省庁間委員会(IMC)は、インドの公式デジタル通貨導入の賛否を含むすべての問題を検討しています。

同氏はまた、インド国民による仮想通貨取引を追跡しているかという問いに、「No, Sir」とだけ答えた。

Block Publisherによると、インドの金融専門家Jatin Naveshak氏は、インドの状況と暗号分野の動きについて、暗号はインドの金融セクターのあらゆる所から注目されていると述べた;

「他国と同様にインドは暗号分野に関心があり、政府は国の公式デジタル通貨を導入する手段について、あらゆる可能性を検討しています。」

政府は暗号の声に耳を傾けているが、十分な注意を払って進めている様です。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B