マイニング世界最大手の事業縮小が事実でも「仮想通貨市場への悪影響は微々たるもの」|経済学者が分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マイニング世界最大手の事業縮小が事実でも「仮想通貨市場への悪影響は微々たるもの」|経済学者が分析
 

マイニング世界最大手の事業縮小が事実でも「仮想通貨市場への悪影響は微々たるもの」|経済学者が分析

Bitmainの噂に関する市場分析
「世界最大のマイニング企業Bitmainが大量解雇を計画している」との報道が市場の不安材料視される中、経済学者であり分析家Alex Kruger氏は仮に噂が現実のものとなったとしても、実際に市場に与える影響は微々たるものであり、同社の更なる成長にとって不可欠なステップであるとの自身の見解を示した。

また、Bitmainがマイニングプール事業から撤退することで、エンドユーザーが中古のマイニングハードウェアをより簡単に入手できるようになる可能性もあることを指摘、実際に閉鎖が行われているかを見る上でも中古市場の在庫数を見るのは重要であるとした。

今回の大量人員解雇の噂は、中国版Linkedin「マイマイ」に寄せられた、自称社員による複数の投稿が発端で、複数の部門が事業から切り離され、50%以上の社員が解雇されるというものだった。

最終的にBitmainは、持続可能なビジネスの構築を維持する意図で、「従業員の調節」を実施した事実を認めた反面、多様性のある新たな才能を発掘する手段として新規雇用件数を倍増し続けている点を強調している。広報部は「リストラされる従業員数が全体の50%を超える」といった報道に関しては否定した。

ruger氏はsohu.comと同様の見方をしている。また香港メディアSCMPの報道からは、Bitmain が今回のリストラで事業の縮小および集中化を図り、コア事業の価値の最大化を狙う戦略に切り替えたことが明らかになっている。

Kruger氏いわく、Bitmainのマイニングプールおよびプロプライエタリ・マイニング事業は、評価価値が140億ドルを上回るといわれた時期もあったものの、現在の経済価値はそれには程遠いとも言及した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B