PwC香港の暗号リーダー「規制が明確となる2019年に、機関が仮想通貨に参入する」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

PwC香港の暗号リーダー「規制が明確となる2019年に、機関が仮想通貨に参入する」

PwC香港の暗号リーダー「規制が明確となる2019年に、機関が仮想通貨に参入する」

PwC(プライスウォーターハウスクーパース)香港のフィンテックとクリプト部門のリーダーHenri Arslanian氏は、2019年に多くの機関が暗号分野に参入すると確信しています。12月24日のブルームバーグのインタビューで、Henri氏は昨年との違いとして、規制が明確な点を強調しました。PwCは、世界中の企業にコンサルティングと監査サービスを提供しています。

Henri氏は、2019年はさらに暗号業界が形作られるため、多くの刺激的なことがあるだろうと述べています。同時に、2018年と異なる点に「規制の明確化」を指摘して、企業や関係者が行動を起こしやすいと語った。

Henri氏はまた、この市場に参入する重要な銀行があると説明しました。ゴールドマンサックスが投資するBitGoなどの銀行のいくつかは暗号会社と提携し、フィデリティやBakktといった機関は暗号関連プラットフォームを立ち上げ、あるいはこの分野に投資しようとしています。これは、金融投資の専門知識を持った投資家を呼び寄せるため、暗号スペースの成長を助長します。

PwC香港は、市場が過去最高を記録した2017年に、コンサルティングサービスのビットコイン(BTC)支払いを受け始めました。

2018年に弱気相場を経験しましたが、暗号市場に興味を持っている会社がいくつかあります。昨年、いくつかのプロジェクトが新しいパートナーシップを締結し、プロダクトを開発しています。市場に誇大宣伝がない時期には、技術の地道な開発が促進されます。

近い将来ビットコイン先物を立ち上げるために動く、ナスダックのような会社がいくつかあります。インターコンチネンタルエクスチェンジ(ICE)は、Bakktを模索する他、ErisX機関投資家向けに現物と先物の取引プラットフォームを設計しています。

世界中の様々な管轄地域は、企業がビットコイン業務を解決するための新しい規制を作成しています。規制当局は、ブロックチェーン技術と仮想通貨に関する、明確な規制枠組みの作成に奔走しています。

既に状況が明確な香港、スイス、マルタやジブラルタルなどの国があり、機関の投資活動に快適です。フランスはICOスタートアップの受入れに積極的になりつつあります。企業はこれらの管轄区域内に事業を配置し、スペースを明確な規則の下で運用することを許可しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B