昨年大損失を被った米大手「仮想通貨投資ファンド」CEO、自社株大量買い増しで強気姿勢をアピール

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

昨年大損失を被った米大手「仮想通貨投資ファンド」CEO、自社株大量買い増しで強気姿勢をアピール
 

昨年大損失を被った米大手「仮想通貨投資ファンド」CEO、自社株大量買い増しで強気姿勢をアピール

Novogratz(ノボグラッツ)氏の持ち株が80%まで上昇
昨年の下落相場で約150億円の含み損を抱えた米Galaxy Digital CEOが、自社株を約6億円買い増し、持ち株比率80%近くに引き上げた。仮想通貨市場への強気姿勢継続を内外に示した格好だ。

コインポストの既報であるように、ノボグラッツ氏は、ゴールドマン・サックスでパートナーやヘッジファンドマネージャーを務める等、ウォール街金融出身である上、仮想通貨バブル以前から、ビットコインの有識者としての強気な相場観に定評がある。その一方、2018年から継続していた仮想通貨のベアマーケット(弱気市場)を受け、「Galaxy Digital」は、1億3000万ドル(約147億円)以上の含み損を抱えていることが判明している。

昨年12月に行われたブルームバーグ誌の取材で同氏は、右肩下がりの市場が続く中、仮想通貨の未来を確信できるかについて語っている。

結果的には、金融市況の急悪化やハッシュ戦争などの影響もあり、この予想を外しているものの、それでも同氏は、2019年の第1四半期までには1万ドルの壁を破るとの予想を堅持する。2018年11月に行われた経済誌の取材では、1万ドルの壁を越えれば2万ドル(220万円)まで伸びる可能性が高いとも語った。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B