『日本市場における”Huobiブランド”の確立を目指す』海外取引所や仮想通貨自主規制団体など、2019年の抱負まとめ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

『日本市場における”Huobiブランド”の確立を目指す』海外取引所や仮想通貨自主規制団体など、2019年の抱負まとめ
 

『日本市場における”Huobiブランド”の確立を目指す』海外取引所や仮想通貨自主規制団体など、2019年の抱負まとめ

仮想通貨自主規制団体など、2019年の抱負まとめ

             

仮想通貨業界団体などの新年の抱負では、2018年に失われた”信頼回復”を目指すべく前向きなメッセージが相次いだ。そんな中、世界最大級の取引所「Huobi」は、日本のマーケットに改めて期待を寄せている。

2018年は、夢を語りバブルに沸き上がった2017年から一転。数々の問題が露呈したことで人々の投機熱が冷め、一気に現実へと引き戻された一年だった。

国内大手の「仮想通貨取引所」が巨額不正流出事件を2件も引き起こしたことに加え、金融庁による「立入検査」と「業務改善命令」を繰り返し受けたことで、業界全体が大きくイメージダウン。

新規の資金流入は途絶え、結果的に仮想通貨市場(ビットコイン価格など)の大幅下落を招いたことが影響し、マイニング業者の多くがプロジェクト縮小や事業撤退を余儀なくされるなど淘汰され、業界関係者にとっての死活問題に発展した。

その一方、ポジティブに考えれば、業容拡大を急ぐあまりこれまで軽視されていた諸問題の数々に”メス”が入り、急ピッチで膿を出し切ったことで、投資家保護の観点での議論促進、および国が主導する業界全体のルール整備と明文化については、他国に先駆け、(将来を見据えた)地均しが大きく前進したと捉えることもできる。

2019年は、日本政府や金融庁の期待に応えるべく、”失われた1年”を取り戻すことできるかの正念場だ。仮想通貨業界が一丸となって課題解決に取り組み、反転攻勢に移るための岐路に立たされている。

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B