米大手eコマース企業が米国初となる「ビットコイン納税」を発表|米議会の仮想通貨動向にも注目

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米大手eコマース企業が米国初となる「ビットコイン納税」を発表|米議会の仮想通貨動向にも注目
 

米大手eコマース企業が米国初となる「ビットコイン納税」を発表|米議会の仮想通貨動向にも注目

大手企業がオハイオ州において仮想通貨での納税を開始
米大手eコマース業者Overstockが、オハイオ州の事業税を仮想通貨ビットコインで支払うと発表。米国で初の事例となる。「政府が仮想通貨を導入することは、米国が世界経済で地位を保つためにも重要」だと述べた。

Overstock社は、以前から仮想通貨やブロックチェーン技術に対して高い関心を示しており、同社CEOは以下のようにコメントしている。

オハイオ州の財務長官Josh Mandel氏は2018年11月、ビットコインを「正当な一種の通貨」とみなし、仮想通貨での一部納税を認める方針を表明していた。

オハイオ州の財務長官であるMandel氏は、今回のOverstock社からの発表に対して以下のように言及した。

営業やタバコなど、23の税金の支払いにおいて決済手段として利用可能になっているビットコインだが、Sprague氏は以下のように方針を語った。

(1月)14日に財務長官に就任した後は、制度のリスクや将来性について再考しなければならない。

このような取引上のリスクも、見直しながら慎重に検討していく。

18年11月に開始したばかりの新制度が今後どうなるかは、気になる点と言えるだろう。

また、アメリカにおいては州政府だけではなく、国会レベルにおける仮想通貨に対する動向にも注目が集まっている。米時間3日には、2018年11月上旬に行われた中間選挙で選出された米議員の宣誓式が行われた。

先の選挙では、上院は「共和党」が過半数を維持したものの、下院は「民主党」が過半数を奪い取り、いわゆるねじれ国会状態で米議会はスタートすることとなっている。

さらに米政府機関は、トランプ大統領が発令した政府閉鎖(government shutdown)により、「SEC(米国証券取引委員会)」などの機関が正常に運営しないままスタートしている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B