「ビットコインATH更新・XRP時価総額1位の可能性」など、大手格付け企業が仮想通貨業界の7つの見通しを発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「ビットコインATH更新・XRP時価総額1位の可能性」など、大手格付け企業が仮想通貨業界の7つの見通しを発表
 

「ビットコインATH更新・XRP時価総額1位の可能性」など、大手格付け企業が仮想通貨業界の7つの見通しを発表

「ビットコインATH更新・XRP時価総額1位の可能性」など、大手格付け企業が仮想通貨業界の7つの見通しを発表
米格付け会社のWeiss Ratingsは、2019年以降の仮想通貨市場の動きとして7つの見通しをリストアップした。ビットコインが価値の貯蔵手段として不動の地位を築くことや、XRPの台頭なども言及されている。

同社のアナリストであるJuan M. Villaverde氏は3日、自社HPで2019年の仮想通貨業界の見通し報告書を公表し、今後の仮想通貨市場は強気であるとの見解を示した。

2018年は市場の価格下落という点ではまさに悲劇のような一年となったものの、価格下落がクローズアップされた影で、2018年は技術進展が着々と進んだ年でもあった、ということを投資家たちは認識すべきだと同報告書で述べている。

また、同氏は2019年以降の仮想通貨市場の動きとして以下に示す7つの見通しをあげている。

ビットコインには貯蔵コストが実質的にはなく、特に送金時には非常に効率が良いとされている。また、ビットコインは政府などに押収される心配もない。

そのため、ビットコインは真のデジタル・ゴールドとして不動の地位を築くことが想定されている。

2015年までに、ビットコインは70%以上の価格下落を伴う大きな弱気市場を4度経験してきた。これらの弱気市場が到来する度に、投資家や専門家によってビットコインに関するネガティブな記事が多数書かれた。

昨年、ビットコインは5度目にあたる大きな弱気相場を経験した。そしてやはり、多くの専門家が「ビットコインは死亡した」と声高に宣言してきた。

しかし、2018年の価格下落によって市場から投資弱者が多数去ってしまったということは、ほとんど認識されておらず、その間に賢明な投資家たちが多くのビットコインを蓄積し始めた。

また、多くの有望な通貨で技術進展が進んでおり、新たな強気市場のための基礎は着々と築かれている。したがって、2019年には以前の弱気相場の後と同様にビットコインの価格は再び上昇し、新たな史上最高値を目指すことだろうと見込まれている格好だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B