藤巻議員が「XRP(リップル)」を事例に仮想通貨技術を賞賛、日本政府の対応遅れを危惧

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

藤巻議員が「XRP(リップル)」を事例に仮想通貨技術を賞賛、日本政府の対応遅れを危惧
 

藤巻議員が「XRP(リップル)」を事例に仮想通貨技術を賞賛、日本政府の対応遅れを危惧

藤巻議員がXRPを事例に仮想通貨技術を賞賛
参議院議員(日本維新の会)の藤巻健史議員は、自身の公式ツイッターアカウントでRipple社のネイティブトークン「XRP」を事例として取り挙げ、仮想通貨技術を賞賛した。未だ拡大の余地があるとした上で、日本政府の対応遅れを危惧した。
藤巻健史議員プロフィール
参議院議員。「日本維新の会」政調会長代行。元モルガン銀行東京支店長。ジョージ・ソロス氏アドバイザーを歴任。

金融知識に精通し、仮想通貨市場を盛り上げるべく活動する国会議員。「仮想通貨の税制改正」について国会で問題提起するなど、仮想通貨及びブロックチェーン業界の発展に尽力している。

▶️Twitter:藤巻健史(@fujimaki_takesi)

藤巻議員は、仮想通貨XRPのエクスプローラー「xrpcharts」(XRP Ledgerの取引データなどを照会・確認するページ)で掲載されているマップ(下記の画像)を、ブロックチェーンの最先端技術として賞賛、仮想通貨に対する興味や反応は、決して芳しいものではない現在の日本、特に政界の遅れを危惧した。

藤巻議員は、仮想通貨の税制改正問題について国会で問題提起を行うなど、仮想通貨及びブロックチェーン技術に高い関心を持つ、金融業界出身の国会議員として知られる存在だ。

などと述べたほか、2018年12月8日には、インタビュー内でも言及していた「仮想通貨税制を変える会」を発足させた。

かねてより、国際社会に遅れをとることを懸念する藤巻議員は、現状の仮想通貨税制は、ブロックチェーンおよび仮想通貨の発展を阻害しかねないと考えており、「税制改正」を目指すことで、国益につなげていく考えだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B